ここから本文です

ケンドーコバヤシも絶賛した"地下芸人の帝王"ことお笑いコンビ・虹の黄昏が、賞レースでは「驚異的予選落ち」とぼやいた。「1回戦は大声でなんとか勝てる。2回戦から吟味して見られる」と嘆いた。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


ケンドーコバヤシも「面白いけど絶対売れない」と評価する"地下芸人の帝王">>

かまぼこ体育館と野沢ダイブ禁止によるコンビ・虹の黄昏が、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「ぶるぺん」に登場した。彼らのハイテンションな芸風は数々の芸人から注目されており、ケンドーコバヤシも「面白いけど絶対売れない」と評価。永野やハリウッドザコシショウに続くブレークが期待される(?)地下芸人界の帝王だ。

「ぶるぺん」でもネタを披露してスタジオを大いに盛り上げた虹の黄昏だが、わかりやすい実績にはなかなか恵まれていないらしい。テレビ朝日系「お願い!ランキング」のネタバトル企画に出演した際のことを野沢ダイブ禁止は、「絶望的な7連敗!」「ライブ感だったら俺たちに勝てる奴らはいないと思ってたのに」と振り返った。

さらに野沢ダイブ禁止は、「『M-1』とか『キングオブコント』とか廃止するべきですよ!」と悪態をつく。賞レースに出場することはあっても「驚異的予選落ち」とのこと。かまぼこ体育館も「1回戦は大声でなんとか勝てる。2回戦から吟味して見られる」と嘆いて笑いを誘った。

番組では他にも、意外にも松竹芸能とプロダクション人力舎のお笑い養成所の臨時講師を務めている虹の黄昏が、その授業内容を明かした。また、親交のあるお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二の意外な一面も暴露した。

ケンドーコバヤシも「面白いけど絶対売れない」と評価する"地下芸人の帝王">>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ