ここから本文です

日本テレビ系「エンタの神様」で人気を集めたピン芸人の永井佑一郎が、音楽プロデューサーで音楽ユニット・globeの小室哲哉氏(今年1月に引退を表明)からオファーを受けていたことを明かした。この出来事を永井は、「ラッキーすぎる」と振り返っていたのだが......。

サムネイル

(C)吉本興業


エンタの神様芸人が小室哲哉からの幻のオファーを語る>>

永井が、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「よしログ」に出演した。10年ほど前、永井は当時のマネジャーから突然「西麻布交差点 小室哲哉 振り付け」というスケジュールが送られてきたことを明かした。理解が追いつかない永井が、言われた通り西麻布に向かったところ、そのまま招かれた小室哲哉の自宅には、globeのKEIKOとマーク・パンサーがいた。なんとその日はglobeの3人が3年ぶりに集結する日だったそうだ。

そこで小室は、「君の(ネタの)リズムは裏打ちなんだよ。意識して作ってる? これは外国人が作るビートなんだよ」と永井のネタを音楽的に分析。そして、当時globeがシークレットゲストとして出演を予定していた野外フェスでのパフォーマンスの振り付けを、永井にオファーしてきた。globeの振り付けを担当することで今後の仕事が増えると予想した永井は、「ラッキーすぎる」とオファーを快諾。その場で振り付けを提案して、所属するよしもとの本社に戻ってからもいくつもの振り付けパターンを撮影し、小室に提出したという。

しかし、予想できない形でこのオファーは立ち消えてしまった......。永井は、「それはもう......ねぇ、察してください」と悲しみをにじませて、スタジオの笑いを誘った。

よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

エンタの神様芸人が小室哲哉からの幻のオファーを語る>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ