ここから本文です

韓国のみならず世界レベルで注目を集めているガールズグループMOMOLANDが日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリースする。韓国では大ヒットを記録しているキャッチーなダンスナンバー。すでに日本版のミュージックビデオも公開中で"日本"をコンセプトに制服姿で踊る映像は超キュート。温泉旅館で無邪気にはしゃぐシーンも盛りこまれている。
今では寝る時間もほとんどないという8人(ナユンは欠席)の今現在は? ライフスタイルの変化や日本のファンへの思い、新曲について語ってくれた。

サムネイル

MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


・【ミュージックビデオ】MOMOLAND 「BAAM -Japanese ver.-」(2018年11月7日にリリース)>>

・【ミュージックビデオ】MOMOLAND 「BBoom BBoom -Japanese ver.-」>>

■ダンスをマネしてくれているなんて不思議な気持ち

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


――シングル「BBoom BBoom」はYouTubeで2億3000万再生を超え、大ヒット。日本デビューシングルもオリコンCDシングルウィークリーチャート4位を記録。日本の女のコたちもダンスをマネする現象が起きました。世界に広がっている人気についてどう思っていますか?

ヘビン: ホントにビックリしましたし、感謝しています。韓国以外の国、日本でもMOMOLANDのことを好きになってくださっていることもうれしかったですし、みなさんが私たちのダンスをマネしてくれているなんて不思議な気持ちです。私たちにとってすごくハッピーな出来事でした。これからもたくさん、そういうマジックが起きるように一生懸命、努力したいと思っています。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


ジュイ: ヘビンお姉さんが言ったように、こんなにたくさんの愛をいただけるなんて予想もしていなかったのでホントに感謝しています。「BBoom BBoom」の日本語バージョンを世に出せたこともホントにうれしかったです。さらに今回、セカンドシングル「BAAM」の日本語バージョンも出せることになったので、これからもたくさんの人に愛してもらえるように頑張りたいと思っています。

――そんなMOMOLANDのコンセプト、モットーにしていることを教えていただけますか?

ジェイン: MOMOLANDというグループ名には忙しい毎日を生きている人たちに癒やしを与えたいという気持ち、そして年齢を問わず老若男女のみなさんが楽しめる音楽を届けたいという思いが込められているんです。その名に恥じないような活動をしていきたいと思っています。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


ジュイ: 私たちもBIGBANGさんが好きだったり、アーティストを見て憧れて歌手になりたいと思ったんです。夢が叶った今はMOMOLANDを見た人たちが夢や目標を持つキッカケになるような、そんな存在のグループになりたいと思っています。

――大ブレイクして街を歩きにくくなったとか、生活スタイルが変わったとか、変化があったら教えてください。

デイジー: 街を歩くときに不便だなと思ったことはないし、めちゃくちゃ歩き回っていますよ(笑)。忙しくなって睡眠時間が少なくなったのがちょっと残念ではありますけれど、忙しいのはありがたいなって。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


――ちなみに睡眠時間は何時間ぐらい?

デイジー: 全然寝られないこともあるし、多くて2~3時間です。

ジュイ: 歩いているとちょっとずつ気づいてくれる人が増えてきてはいますけど、韓国でショッピングしていたときに日本の方が「MOMOLAND~!」って声をかけてくれたときはビックリしました。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


ナンシー: 私の場合は自分より家族や友達のほうが「人が大勢いるところに行かないほうがいいんじゃないの?」って心配してくれています。「全然大丈夫よ」って答えるんですけど(笑)。

ヘビン: 街中で私たちの曲が聴こえるぐらいになったらいいなとずっと思っていたんです。曲がヒットした後、お店にいてMOMOLANDの曲が流れたときは思わずテンションが上がってその場で録音して、グループチャットに送っちゃいました(笑)。

■「BAAM -Japanese ver.-」ミュージックビデオのテーマは"日本旅行"

――ははは。それはアガりますよね。来日するときに食べ物とかショッピングとか楽しみにしていることはありますか?

テハ: スリリングな乗り物が好きなので富士急ハイランドに行けたらうれしい。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


――ジェットコースターとか?

テハ: どんなミッションがあっても大丈夫な自信があります。ただ、ジャージャー麺を食べながら乗る(韓国のテレビ番組の企画の体験談)のはちょっと勘弁してほしいです(笑)。

アイン: 私は海外で知らない街を歩き回るのが楽しみなんです。計画を立てずに気ままに「こっちの道に行きたいな」って散歩するのが好きです。

ヨンウ: 私は食べ物が楽しみです。その地域ごとにおいしくて有名な食べ物があると思うので。たぶん、ゆっくり出かける時間はないと思うんですけどゴハンぐらいは食べに行けるかなって。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


――日本だとどんな食べ物が好きなんですか?

ヨンウ: お団子とたこ焼きです(笑)。

――ミュージックビデオにもたこ焼きが出てきますね。韓国ですでに大ヒットしている2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」はキャッチーでセクシーなダンスナンバーで恋する女のコのもどかしいモヤモヤした気持ちを歌った歌詞にもキュンとします。この曲の魅力をぜひ。

・【ミュージックビデオ】MOMOLAND 「BAAM -Japanese ver.-」(2018年11月7日にリリース)>>

ジェイン: パフォーマンスに関してはステップだけのシャッフルダンスと手の動きで表現するテクニックを組み合わせて"シャッフルトニック"というダンスを打ち出しています。覚えてもらえたらうれしいですね。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


アイン: 早いビートの曲なので聴いているだけで楽しくなると思うし、きっと踊りたくなるナンバーなんじゃないかなって。

ヘビン: アインちゃんが言ったとおり、アップテンポの曲なのでみなさんと一緒に楽しめるのがポイントだと思います。レコーディングするときに感じた韓国語と日本語の違いは、発音はもちろんですけど、アクセントと抑揚。そこに気をつけて歌いました。

――「BBoom BBoom」の日本版のミュージックビデオはサイパンで撮影した映像でしたが、今回は制服姿なんですね。

・【ミュージックビデオ】MOMOLAND 「BBoom BBoom -Japanese ver.-」>>

ヘビン: コンセプトは日本旅行です。楽しめる要素、見どころがたくさんあるミュージックビデオになったと思っています。

ナンシー: 撮影中に食べたたこ焼きがおいしかったです(笑)。

■応援してくれるファンの期待に応えられる自分たちでいたい

――カップリングの「Only one you」はとてもスイートなラブソングですね。

デイジー: この曲はファンに捧(ささ)げているんです。

ジュイ: ファンのみなさんはいつも私たちのことを思ってくれているので、歌詞にも"会えないときでも思うの"とか"信じていたい"という言葉が出てくるんです。「あなたしかない。愛してます」という気持ちを込めています。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


――では、最後に新曲やライブを楽しみにしている日本のファンにメッセージをお願いします。

アイン: 来日する前にミュージックビデオを撮影してレコーディングもして一生懸命準備してきたので、私たちの姿を見守っていてほしいし、一緒に楽しんでいただけたらハッピーです。

ナンシー: 以前、来日して東京と大阪でファンミーティングをしたのが楽しくて忘れられなかったんです。早く会いたかった。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


デイジー: 私たちを待っていてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。

ジェイン: ホントにうれしい。これからもたくさん応援してほしいですね。

ヨンウ: 早くMOMOLANDのステージを見てほしいね。

ジュイ: そう。いつも私たちのことを応援してくれてケアしてくれて、来日して活動するたびに、もっともっと恩返しがしたいと思うんです。

サムネイル
MOMOLAND、日本での待望の2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」を11月7日にリリース


テハ: そのためにもいつも一生懸命がんばるMOMOLANDでいたいので、たくさん期待していてください。みなさんのその思いの分だけ応えられる私たちでいたいですね。

ジュイ: もっとたくさん日本でライブをしたい。11月のカムバックにはそれだけの意味があると思っています!

ヘビン: 日本に来るたびに楽しい思い出が増えてすっごく幸せです。これからもたくさんのいい思い出を作れたらいいなと思います!

・【ミュージックビデオ】MOMOLAND 「BAAM -Japanese ver.-」(2018年11月7日にリリース)>>

・【ミュージックビデオ】MOMOLAND 「BBoom BBoom -Japanese ver.-」>>

(取材・文/山本 弘子)
(撮影/佐々木 淳吏)

■MOMOLAND プロフィール
メンバーはナンシー、ジュイ、ヨンウ、デイジー、アイン、ヘビン、ナユン、ジェイン、テハの9人。2016 年に韓国の放送局で放送されていたサバイバルオーディション番組『モモランドを探して』から誕生した。同年11月にミニアルバム『Welcome to MOMOLAND』でデビュー。韓国で大ブレイクしたシングル「BBoom BBoom」で日本デビューを果たし、オリコンウィークリーチャートの4位を記録。11月7日に2ndシングル「BAAM -Japanese ver.-」をリリース。11月10日に東京で、11日に大阪でハイタッチ会が開催される予定。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ