ここから本文です

世界には、"プロの人魚姫"という職業が存在する......。ナイトプールなどでショーを行う日本初のプロマーメイドであるカナエルさんが、現在の金銭事情などを明かした。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【映像】日本初のプロマーメイドであるカナエルさんが登場>>

11月8日放送のMBS「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」では、安定した仕事を捨てて、一風変わった仕事に転職した人々を調査。eスポーツのキャスターに転身した元朝日放送アナウンサー、似顔絵画家に転身した元格闘家たちが登場した。

カナエルさんはカメラマンからプロマーメイドに転職した。カナエルさんいわく、マーメイドは「海外では一般的なお仕事」らしい。ホテルのナイトプールなどでパフォーマンスを披露していると説明した。とくにプロマーメイドになるための試験などはないそうで、カナエルさんは、「一番大事なのは、『自分は人魚や』っていう心」と語っている。重たいヒレを着けて人魚姿になったカナエルさんのプールでの練習風景にも迫った。

カナエルさんはカメラマン時代、平均的なサラリーマン程度の収入を得ていたそう。現在の金銭事情については、「仕事がないときはゼロというか、ないときはないですし。(仕事が)あるときで、月10万円くらい」とぶっちゃけた。現在はバイトして生活しているらしいが、スタッフに「カメラマンを辞めて後悔していないですか?」とたずねられると、「してないです!」とニッコリ。「今の自分のほうが好きですね」と前向きに語った。

【映像】日本初のプロマーメイドであるカナエルさんが登場>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ