ここから本文です

女優・新垣結衣と俳優・松田龍平がW主演する日本テレビ系ドラマ「獣になれない私たち」の第5話が、11月7日に放送された(毎週水曜22時~)。深海晶(新垣結衣)が感情を押し殺して働くシーンの演出に視聴者がどよめいた。

サムネイル

Japanese actress Yui Aragaki attends the 41st Elan d'or Award ceremony in Tokyo, Japan on February 2, 2017.(写真:アフロ)


【無料配信】「獣になれない私たち」最新話を配信中>>

「獣になれない私たち」は、"全方位に気を遣うすり減らし女"深海晶と、一見感じが良さそうな毒舌男の根元恒星(松田龍平)が仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会うところから始まる"ラブかもしれないストーリー"。赤の他人だからこそ本音でぶつかる中で、2人が傷つきながらも自分らしく踏み出す姿を描いていく。

晶は、自身の恋人である京谷(田中圭)の家に居座り続ける元カノ・朱里(黒木華)とついに対面を果たした。「ここを出て行くつもりはありますか?」と冷静に問いかけるも、朱里から感情的に反論されて、結局追い出せないまま......。京谷との溝も埋まらない中、仕事は忙しくなる一方で、晶は精神的に追い詰められてしまうのだった。

朱里と会ってからというもの、晶はいつも以上に感情を押し殺して仕事に取り組むようになる。しかし、「幸せなら手をたたこう」を鼻歌で歌いながら仕事をこなす晶の姿は、同僚から「大丈夫?」と心配されてしまうほど不気味なものだった。一連のシーンにネット上では、「闇を感じる」「がっきーが鼻歌歌ってるところもはや狂気なんだけど...」「鼻歌のシーンが下手なホラーより怖かった」「晶さんめちゃくちゃ病んでる」といった声があがった。どんどん精神が追い詰められていく晶の行方は......?

【無料配信】「獣になれない私たち」最新話を配信中>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ