ここから本文です

ビートたけしがテレビ東京をジャックする「いきなり、たけしです。」が放送中。11月13日放送回では、日本ボクシング連盟元会長である山根明氏と対談してイジりまくった。

サムネイル

(C)TV TOKYO


【無料配信】『いきなり、たけしです。「ビートたけしのありえへん世界の対談」」 を配信中>>

【無料配信】テレビ東京の人気バラエティを無料で見逃し配信&Yahoo! JAPAN、GYAO!のオリジナル番組を独占配信中>>

2019年4月12日に開局55周年を迎えるテレビ東京は、11月12日~18日の期間、「テレビ東京55周年 テレ東ぜんぶ見る大作戦WEEK」と題して、「YOUは何しに日本へ?」や「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」など同局を代表する人気番組の特番を放送中。さらに企画の一環として、たけし史上最短である3分間の冠番組「いきなり、たけしです。」も連日放送される。こちらではテレビ東京の各人気番組のパロディを行っていくが、11月13日放送回では、「北野武のありえへん世界の対談」として、たけしと山根氏が語り合った。

たけしは、「波乱の年でしたね」など山根氏に直球すぎる言葉をぶつけていった。「オリンピックのチャンピオンまで出したのに『何だ、それは』って感じはあるんですか?」という質問に、山根氏は、「ありますよ」と正直に答えている。日本ボクシング連盟に復活する意思をたずねられた山根氏からは、「男は生きている限り、野望というものを持っていますよ」という名言も飛び出した。

ボクシング界の一連の騒動に関して山根氏をイジり倒したたけしだったが、実はずっと聞きたかった質問があるらしい。それは「初体験はいつ?」という質問で、山根氏も大真面目に「13歳でした」と答えていた。

映像配信サービス「GYAO!」では、地上波放送では収まりきらなかった対談の模様も公開しており、13歳の山根氏に何が起きたのか赤裸々に明かされている。ひたすらイジられた山根氏だったが、たけしの番組に出演したことについて、「誇りと感動です。それ以上の表現は出ません」と喜びを示した。どうやら"おもてなしセット"がなくても、山根氏はご機嫌だったようだ。

2019年4月12日に開局55周年を迎えるテレビ東京は、今年11月12日(月)~18日(日)の1週間、「テレビ東京55周年 テレ東ぜんぶ見る大作戦WEEK」と題して、「YOUは何しに日本へ?」や「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」など同局を代表する人気番組の特番を放送。また、ビートたけしの冠番組「いきなり、たけしです。」も連日放送する。
なお、Yahoo! JAPANアプリ、 Yahoo! JAPANトップページ(PC・スマートフォン)では、11月12日から18日の毎日17:00から18:00 の時間帯で視聴可能。18時以降、映像配信サービス「GYAO!」にて、上記の番組の見逃し配信(一部)や未公開コンテンツなどがアーカイブ配信される。

【無料配信】「いきなり、たけしです。「ビートたけしのありえへん世界の対談」」最新話を配信中>>

【無料配信】テレビ東京の人気バラエティを無料で見逃し配信&Yahoo! JAPAN、GYAO!のオリジナル番組を独占配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ