ここから本文です

秋ドラマは後半に入っているが、今期のオリジナル3作は期せずして共通点が醍醐味(だいごみ)となっている。
物語の主要な二人が"対照的な個性"を発揮する。そのぶつかり合いの中に、生きることの意味を見いだしていく展開となっている点だ。
高橋一生×榮倉奈々の「僕らは奇跡でできている」
新垣結衣×松田龍平の「獣になれない私たち」
戸田恵梨香×ムロツヨシの「大恋愛」
これまでを振り返り、共通項を分析してみよう。

サムネイル

オリジナルドラマの録画再生視聴率


【無料配信】「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

【無料配信】「獣になれない私たち」最新話を配信中>>

【無料配信】「大恋愛~僕を忘れる君と」最新話を配信中>>

■3作の共通点

まず3作とも、他のドラマと比べリアルタイム視聴率はさほど高くないが、録画再生で見られる度合いが高い点だ。落ち着ける時間に、じっくり見たいタイプの作品であることがわかる。
例えば、ここまでリアルタイム視聴率3位の「下町ロケット」は、録画再生視聴率では3.4位。ややライブで見られることの方が多いドラマであることがわかる。

ところが「僕らは奇跡でできている」は、リアルタイムは11位に低迷しているが、録画再生だと7.8位と成績を上げる。「大恋愛」も6位から2.6位と大幅にアップする。「獣になれない私たち」に至っては、9位が3.4位と5本以上抜いている。
オリジナル脚本では、テレビドラマとして視聴者を惹(ひ)き込む工夫が随所にちりばめられ、原作ものより真剣に見ている人が多そうだ。特に今回の3作は、期せずして3作とも中心人物二人が"対照的な個性"を持ち、そのぶつかり合いが物語の大きな魅力となっているようだ。

■「僕キセ」の対照性

ドラマのストーリーと主人公のキャラクターにフォーカスを当ててみよう。
このドラマでは、昆虫や動植物の中に生きる主人公・相河一輝(高橋一生)が社会性はゼロ。それでも夢中になったことを楽しむ天才で、とことん追求するという長所を生かし、大学で講師として働く。
ヒロインの歯科医・水本育実(榮倉奈々)は、聡明で責任感が強く、いわば頭でっかち。相河にはキビシイ姿勢を崩さない。さまざまな出来事を通して、"何のために、誰のために生きるのか"を問いかけていくストーリーだ。

ストーリーの中で、相河一輝が際立つのは、世間一般のお手本である育実の存在あってこそ。平凡の中に、非凡が入るからこそ、非凡はただの変人ではなくなるのだ。
ただし、もともと平凡な人なんて、始めから存在しない。個性として、どこかキラリと光るものを持って生まれてくるのだから。
そんな隠れたオリジナリティを相河一輝が、一緒に探してくれる。

■「獣なれ」の対照性

この作品のコンセプトは「僕キセ」と少しかぶるように見えるが、その二人の個性はまた違ったものだ。
主人公・深海晶(新垣結衣)は、"No!"と言えずに、なんでも受け入れてしまう性格。さらに真面目で責任感の強い長所が仇(あだ)となって、恋も仕事も自分の思いとは違う方向で進んでしまう。それにストレスを感じているが、変われない自分ともがいている。

W主演の根元恒星(松田龍平)は晶とは正反対の毒舌で、思ったことはストレートに口に出し、面倒を嫌う。
このドラマも、主人公を対比させることで、それぞれのキャラクターにコントラストを与えている。
しかし晶も恒星も、それぞれの恋人との関係が曖昧な状態。そこから恋がどう始まるか、「どうすんの?」的な好奇心に掻(か)き立てられる点が魅力だ。
キャラクターは正反対ではあるものの、二人はどこかに共通点を持つ。そのポイントが恋への鍵となっているのだろう。

■「大恋愛」の対照性

この作品も、主人公・尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)の性格も育った環境も、天と地の差ほどの違いがある。
ただ健康で超ビンボーと、お金持ちだが病気持ちという究極の凸凹だ。そんな二人が一目惚れによって恋に落ちるという、前の2つのドラマに比べると、劇的で情熱的だ。
そしてストーリーも壮絶。病気は簡単には受け入れがたいために、この恋が続き、それを見守る上で、人間の生き方について、考えさせられるところが、情熱的な恋とのギャップで面白い。

人々が共存するためには、社会のルールを守らなければならないし、秩序が保たれなければ、社会も国も成り立たないが、世間体や責任に押しつぶされてしまっては、個人ではいられなくなってしまう。
もともと持っている個々のパーソナリティは、かけがえのないオリジナルであるにもかかわらず、それが生き方によって、教育によって、環境によって、人間形成の期間に埋もれてしまうのだろう。
そして一人の人間として出来上がってから、時間がたてばたつほど、人の個性は高く四方に分かれた枝のように、行き先が随分と異なるものだ。

3つのドラマを見ながら、たまにはゆっくり立ち止まって、自分の個性について見つめ直すことで、ここまで生きてきた過去、満足しているであろう現在、そしてこの先の未来をどう生きるか、秋の風に吹かれながら、思い描いてみてはどうだろう。

【無料配信】「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

【無料配信】「獣になれない私たち」最新話を配信中>>

【無料配信】「大恋愛~僕を忘れる君と」最新話を配信中>>

コラムニスト:はたじゅんこ
監修・次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ