ここから本文です

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜21時~)の第7話が、11月20日に放送された。高橋一生演じる主人公・相河一輝の"あるセリフ"がネット上で話題をよんでいる。

サムネイル

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜21時~)


【無料配信】高橋一生が主演!「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

動物の行動を研究する"動物行動学"の大学講師を務める相河一輝は、空気が読めない超マイペース人間。そんな相河が"こじらせ"女性歯科医院長・水本育実(榮倉奈々)ら他の登場人物を巻き込み、影響を与えていく。

第7話では、相河と親しい小学生・虹一(川口和空)が家出をしてしまう。相河は虹一を自宅でかくまうも、そこに虹一の母・涼子(松本若菜)がやって来て、虹一を"ダメ"呼ばわりした。相河は涼子に「僕、虹一君のすごいところ知ってます。100個知ってます」と断言するのだった。

相河はその後、自分に自信が持てずに苦しむ育実にも同じセリフを伝えた。困惑する育実に構わず、相河は彼女の"すごいところ"を並べ出す。「よく食べます」「箸をキレイに使います」「会ったとき、こんにちはって言ってくれます」......。あまりにも当たり前のことを"すごいところ"として挙げる相河に、育実は思わず「それって誰でも出来ることなんじゃないんですか?」と疑問を投げかけた。すると相河は、「誰でも出来ることは、出来てもすごくないんですか?」と不思議そうな表情を浮かべた。

このセリフにネット上では、「目からウロコ」「こんなに優しいセリフはない」「確かに他人ができないことばかりがすごいことじゃない」「小さなことでも褒めてくれるのって嬉しいよね」「すべてを肯定してくれる相河」「大切な人の良いところをちゃんと伝えるようにしよう」といった声が上がっており、感銘を受けた視聴者も多かったようだ。

映像配信サービス「GYAO!」では、「僕らは奇跡でできている」の各話テレビ放送終了直後から無料見逃し配信を実施している。また、物語をつなぐ特別ドラマであるチェインストーリーも独占配信中。チェインストーリー第7.5話では、アリが大好きな沼袋先生(児嶋一哉)が、鮫島教授(小林薫)についての妄想を繰り広げる。しかし、予想外の展開が起きて、沼袋先生は絶体絶命のピンチに陥る......!?

【無料配信】高橋一生が主演!「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ