ここから本文です

女優・新垣結衣と俳優・松田龍平がW主演する日本テレビ系ドラマ「獣になれない私たち」の第8話が、11月28日に放送された(毎週水曜22時~)。感情を表に出さない会計士・根元恒星(松田龍平)が涙を流し、ネット上で「泣き姿も美しい」といった声が寄せられた。

サムネイル

Japanese actress Yui Aragaki attends the 41st Elan d'or Award ceremony in Tokyo, Japan on February 2, 2017.(写真:アフロ)


【無料配信】新垣結衣が出演!「獣になれない私たち」最新話を配信中>>

「獣になれない私たち」は、"全方位に気を遣うすり減らし女"深海晶と、一見感じが良さそうな毒舌男の恒星が、仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会うところから始まる"ラブかもしれないストーリー"。赤の他人だからこそ本音でぶつかる中で、2人が傷つきながらも自分らしく踏み出す姿を描いていく。第8話では、行方不明だった恒星の兄・陽太(安井順平)が窃盗容疑で警察に捕まったことが明らかになった。

普段の恒星は感情を表に出さず、他人に対して淡々と毒を吐くキャラだ。しかし、第8話では、兄に対して感情的になる姿が描かれた。さらに、解体された実家の写真を見て声を殺して涙するシーンもあり、ネット上では「松田龍平の泣きの演技だけで映画一本分くらいの満足度」「男性が泣く場面見て美しいと思って感動したの初めて」「さすが名俳優」など松田の演技を絶賛する声があがった。中には、「優作さんを彷彿とさせるような瞬間もあった」と父である故・松田優作さんに触れる声もあった。多彩な表情を見せた松田に心打たれた視聴者が多かったようだ。

12月5日放送の第9話では、ツクモクリエイトジャパンの社長・九十九(山内圭哉)が、昌を「営業部の特別チーフクリエイター部長」に昇進させる。そんな中、ツクモクリエイトジャパンで機密データの漏れが発覚してしまう――。

【無料配信】新垣結衣が出演!「獣になれない私たち」最新話を配信中>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ