ここから本文です

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」決勝戦が12月2日に行われ、初の決勝進出となった霜降り明星が4640組の頂点に立った。

サムネイル

【生配信】12月2日テレビ放送終了直後より、ファイナリストが全員集結する特別番組「M-1グランプリ2018 世界最速大反省会」配信
(C)2018 M-1 GRANDPRIX. All Rights Reserved.


12月2日テレビ放送終了直後より、ファイナリストが全員集結する特別番組「M-1グランプリ2018 世界最速大反省会」配信>>

陣内智則がMCの特別番組「週刊M-1最前線」>>

ファイナリストたちの準々決勝ネタ映像(12/2 23:59まで)>>

【記者会見映像】ファイナリスト発表>>


14回目の開催となった今年は、昨年より500組以上多い4640組のお笑い芸人がエントリー。決勝には準決勝までを勝ち進んだ和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップの9組と、2日に行われた敗者復活戦を勝ち上がったミキの計10組が進出した。

今回も昨年から導入された、1組ごとにくじ引きで出演順を決めるという「笑神籤(えみくじ)」が採用され、霜降り明星は9番目に登場すると662点を獲得し1位で最終決戦に進んだ。ラストイヤーのジャルジャル、2年連続M-1準優勝の和牛と争った最終決戦でも最も多くの審査員の支持を獲得。見事平成最後のM-1チャンピオンに輝いた。

2013年結成の霜降り明星は、今回の決勝進出コンビの中では最年少。平成生まれ同士・1990年代生まれ同士のコンビの決勝進出は初めてだったが、その勢いとネタの新しさだけでなく、漫才の技術も高評価。審査員の上沼恵美子は「うまい。(今回お気に入りと公言していた)ミキより好きかも」と大絶賛するほどだった。

なお、「GYAO!」では今年も「三連単順位予想」という上位3組をズバリ的中させると抽選で豪華プレゼントが当たるという視聴者参加型の企画を実施しており、応募総数は526,827にもおよんだ。視聴者からは1位「和牛」2位「かまいたち」3位「敗者復活枠」という順位がもっとも多くの票数を集めていた。

このあと「GYAO!」ではファイナリスト10組が全員集合した特別番組『M-1グランプリ2018 世界最速大反省会』を生配信する。司会は陣内智則が務め、ゲストとして昨年のM-1グランプリ2017王者・とろサーモンが出演。興奮覚めやらぬM-1ファイナリストたちとともにトークを展開するほか、M-1グランプリ2018王者による記者会見をGYAO!独占配信する。その他、優勝賞金1000万円の贈呈式や、Twitterを通じてユーザーから質問を募る視聴者参加型企画も実施する。

GYAO!「M-1グランプリ2018 世界最速大反省会」は12月2日(日)22:00~24:00配信。

12月2日テレビ放送終了直後より、ファイナリストが全員集結する特別番組「M-1グランプリ2018 世界最速大反省会」配信>>

陣内智則がMCの特別番組「週刊M-1最前線」>>

ファイナリストたちの準々決勝ネタ映像(12/2 23:59まで)>>

【記者会見映像】ファイナリスト発表>>


(文/大木信景@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ