ここから本文です

戸田恵梨香×ムロツヨシ主演の純愛ラブストーリー「大恋愛~僕を忘れる君と」。
視聴率こそ二桁に届いていないが、SNS上では「泣ける」「胸キュン」など、ハマっている視聴者が少なくないことが伺える。
そして第8話では、尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)を脅かしていた松尾公平(小池徹平)との問題に、「なるほど!」と考え込んでしまうような句読点が打たれた。

サムネイル

Tsuyoshi Muro attends the Elan d'Or Award ceremony on February 1, 2018, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「大恋愛~僕を忘れる君と」最新話を配信中>>

■イメチェンしたムロツヨシ

若年アルツハイマー症の尚は、小説家の真司と情熱的な出会いから大恋愛に落ち、病気を理解した上で結婚し、お互い支えあいながら幸せに暮らしていた。
今まで"いじられキャラ""コメディのノリ"が多かったムロツヨシだったが、この『大恋愛』では、なんと"いい男"を見事に演じている。
尚と出会ったばかりの真司は、中年で貯金は12万円、引越し屋のバイト代だけが収入で、古いボロアパートで暮らす冴(さ)えない男だった。

ただし小説家としての才能を持っていた。
尚に出会い、止めていた執筆業を再開した。そしてトントン売れっ子作家への道を登っていく。
ヨレヨレの着古したTシャツを着ていたムロツヨシは、質のいいシャツとジャケットを羽織った。さらにスマートな革靴を履き、洒落(しゃれ)たメガネをかけると、今までのムロツヨシのイメージが、みるみる変わっていった。
ドラマの中で、尚を笑わせる真司は、コメディ慣れしたムロツヨシが炸裂(さくれつ)する。やはりイメチェンしてもオモシロイ男は健在で、安心するしホッとする。

■ラブラブ演技の名手!?

すでに、戸田恵梨香との濃厚なキスシーンも披露し、見ていて恥ずかしくなるほどのイチャイチャも、板についてきた。
今回の8話では、ベッドシーンで「事終えた二人」の会話が鮮烈だった。今までとは違った、リアルなラブラブ感を見せてくれたからである。
ビジュアル的にリアルなラブシーンは、それだけで一つのシーンとして完結する。その演出を採らず、「終わった後」の尚の満足げな感じと、疲れ切った真司の表情で来た。これがまた、過ぎた時間を意味深に物語っていて、妙にリアリティがあった。

「尚ちゃんといると、すっごく疲れる......」という真司のセリフが出てくる。
ただ肉体的に疲れるわけではなく、精神的にも......という意味だ。ただしこれはネガティブではなく、最上の言葉になっている。病気も彼女の性格も環境も、すべてひっくるめて"ただただ、好き"が、込められているからだ。
ずっしりと真司の優しさが滲(にじ)み出ている。

ムロツヨシって、実はカッコよかったんだ。
次のドラマは、どんな役を演じるのか、すでに次回作への興味が湧いてくる。

■小池徹平の存在意義

尚と真司の幸せな結婚式を終えた第5話から一転して、第6話で尚と同じ若年アルツハイマー症を患う松尾公平(小池徹平)が、危険な匂いをプンプンさせ尚に近づき、二人の幸せを脅かしていた。
SNS上では、「小池徹平くんが出てくると、"出たな、松尾公平!"と毒づいてしまう」などのツイートが出るほど、見る者をイライラさせる存在だったが、今回で句読点がしっかり打たれた。
同じ病気を抱えていても、"幸せに暮らす人"と"不幸せに暮らす人"の現実を、公平から見せられる形となった。
"幸せ"を表に出す人は、嫉妬やねたみを買うことが多くなるし、だからと言って隠す必要もない。
「病気になってしまったこと」「結婚がうまくいかなかったこと」「仕事で失敗したこと」「自分の生い立ち」など、アンラッキーな自分をひがんで哀れんでも幸せにはなれない。
人の幸せを壊しても、救われることはない。
そんなメッセージが、皮肉にも"不公平"な人生を送る"公平"に込められていたのは驚きだ。
大石静の筆力には脱帽だし、小池徹平の名演にも拍手を贈りたい。

いよいよ"感動の最終章"へ

難病を抱えたカップルだから、乗り越えなければならない試練がたくさんあるし、認知症を患った者も、それを支える者も、普通では計り知れない心の葛藤があるに違いない。それでも「どんなことがあっても、相手がどんな困難を抱えていようと、ただ好きだから、一緒にいたい。」と思える恋愛は、やっぱりステキだ。
どんな結末が待っていようとも、人を好きになる気持ちは、美しくはかない。

「ラブストーリーの夢を描いている」という大石静の、大事に丁寧に選ばれたセリフの一つ一つの繊細さが、やっぱりこのドラマの大きな魅力だ。

次週からはいよいよ"感動の最終章"。
ついに尚と真司の間に、子供が生まれる。
二人の"神様がくれた最後の恋"の結末を見届けたい。

【無料配信】「大恋愛~僕を忘れる君と」最新話を配信中>>

コラムニスト:はたじゅんこ
監修・次世代メディア研究所

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ