ここから本文です

漫才頂上決戦「M-1グランプリ2018」を制したお笑いコンビ・霜降り明星が、決勝戦から一夜明けた12月3日にインタビューに応じた。まだ優勝を実感しきれていない2人だったが、現在の心境、さらに今後のことについても語ってくれた。

サムネイル

2018年 M-1グランプリ14代目王者・霜降り明星(左)せいや(右)粗品


・【無料配信】霜降り明星やファイナリストが全員集結する特別番組「M-1グランプリ2018 世界最速大反省会」>>

・【記者会見映像】ファイナリスト発表>>

・【GYAO!】陣内智則がMCの特別番組「週刊M-1最前線」>>

■優勝してから24時間、一睡もしていない

――ファイナルステージで、和牛さんとジャルジャルさんがウケているのを見てどういう心境でした?

せいや: 「2組ともウケるのは当たり前なので、全然気にならなかったです。もちろん自分たちのネタには自信ありましたけど、和牛さんかジャルジャルさんが優勝しても仕方ないと思っていました。ある意味、開き直っていたのかもしれません」

――その2組を破って優勝した感想をお聞かせください。

粗品: 「優勝してちょうど24時間くらい経ったんですけど、少しずつ実感が湧いてきたところですね。記者会見して、GYAO!さんの『M-1グランプリ2018 世界最速大反省会』に出て、打ち上げに行って、朝になったら生放送にたくさん出させていただきました。忙しさが尋常やなかったんで、『あぁ、優勝したんやな』ってちょっとずつ感じ始めました」

せいや: 「僕は花束ですね。朝、フジテレビでアナウンサーの軽部真一さんに花束もらって、その次はバナナマンの設楽統さんに花束もらって......。普段は花束なんてもらわないですし、いただく花束の数で実感しました(笑)」

――この24時間でどれくらい仕事をなさったんですか?

せいや: 「出演は8~9本くらいです。取材とか細かい仕事を合わせたら、もう数え切れませんね。この後もまだ2本仕事があって、26時過ぎに終わると聞いています。夕方くらいにマネージャーさんが気を利かして寝る時間を1時間スケジュールにいれてくれていたんですけど、なぜか眠ることはできませんでした」

粗品: 「僕も一睡もしていないです。今日はおそらく人生で一番忙しい日だと思うんで、これさえ乗り越えられたらって思います」

■2016王者・銀シャリの鰻からアドバイス

サムネイル
2018年 M-1グランプリ14代目王者・霜降り明星(左)せいや(右)粗品


――昨年は、王者のとろサーモンの久保田かずのぶさんが生放送で寝てしまったことが話題になりました。

粗品: 「あれは考えられないですよ(笑)。情報番組のあの独特の雰囲気で寝るとか、いくら疲れていても絶対にないですよ。さすが久保田さんやと思いました(笑)」

せいや: 「歴代のチャンピオンの方たちから忙しさについては聞いてます。僕らが優勝した後、銀シャリ(2016年王者)の鰻和弘さんから『とにかく身体に気を付けてや』ってLINEがきたんですよ。だから体調は気を付けようと思います。

粗品: 「鰻さんも優勝後ヤバかったですね。たまに劇場とかで会うとフラフラで倒れそうでしたもん。あの忙しさを1年間僕らは味わうんですよね。メチャクチャ嬉しいですけど、僕は人より体力ないからちょっと不安です。1日10時間くらい寝ないとコンディション悪くなるんで」

せいや: 「寝るなぁ。子供やん」

粗品: 「今までは多少忙しくても、なんやかんやで10時間くらい寝られてたんですよ。仕事早めに終わったら、8時くらいに寝たりしますし」

せいや: 「子供やん(笑)」

サムネイル
2018年 M-1グランプリ14代目王者・霜降り明星(左)せいや(右)粗品


――今は大阪在住ですよね? 東京進出の予定は?

粗品: 「まだ何とも言えないですね。そこら辺はマネージャーさんや作家さんたちと相談したいと思います」

せいや: 「明日大阪帰るんですけど、メチャクチャ楽しみですね。早く凱旋して歓迎されたい。キャーキャー言われるかもしれない」

粗品: 「それあるな。大阪でよく行くパチンコ屋があるんですけど、そこ行ったらどんなことになんねんってワクワクしますね」

せいや: 「大当たり出るかもな(笑)」

■せいや、イジメを笑いで跳ね返した過去

サムネイル
2018年 M-1グランプリ14代目王者・霜降り明星(左)せいや(右)粗品


――漫才師になろうと思ったきっかけは?

せいや: 「やっぱり『M-1』ですね。通っていた小学校にお笑いクラブというのがあったので、影響されてそこで漫才してました。当時、陣内智則さんがMCをしている番組に出たこともあったんですよ。それから十何年経って、ついさっき陣内さんがMCのGYAOの番組『週刊!M-1最前線』の収録にチャンピオンとして参加することができました。もう運命だと思いました」

粗品: 「僕も『M-1』ですね。まだ小学生でしたけど、中川家さんが優勝した2001年大会を家族でゲラゲラ笑いながら観ていたのを覚えてます。でも、漫才というものを意識したのはその後かもしれない。2003年のフットボールアワーさんとか、2005年のブラックマヨネーズさんとか、関西芸人さんが活躍しているのを観て、自分もやりたいって考えるようになりました」

せいや: 「僕、高校のときイジメられていたんです。中学までは人気者だったんで、最初に面白いこと言ってかましてやろうって思ったんですけど、それがすごいスベッちゃってそこからイジメられ始めました(笑)。なんとか笑わせてやろうとギャグをやるんですけど、それもウケなくてボコボコにされて、ストレスで円形脱毛症になったんです。『ドラゴンボール』のフリーザの最終形態の頭の紫色の部分みたいな形のハゲ方です。その頭を見たイジメっ子がまた『フリーザ! フリーザ!』ってからかってくるんです。でも、僕は明るかったので、言われるたびに『殺しますよ。殺しますよ』ってフリーザのモノマネをしてたんです」

粗品: 「メチャクチャ明るいな」

せいや: 「文化祭の出し物で、イジメっ子から『1人で芝居やれ』って命令されたんです。でもネタ作りは自信があったので、本気で1人コントやったら、それがウケて学園祭で一番大きな賞をもらいました。そのときに『イジメ跳ね返したったぞー!』って言ったら体育館が映画みたいに『うわぁー!!』って盛り上がったんですよ。それで、芸は身を助けるんだなって感じました」

■僕らは『M-1チャンピオン』という称号を手に入れ、新しいネタに挑戦する権利を得られた

サムネイル
2018年 M-1グランプリ14代目王者・霜降り明星(左)せいや(右)粗品


――今後の目標は?

粗品: 「やっぱり漫才を一生やっていきたいですね。僕らは大阪の『よしもと漫才劇場』という劇場をメインに活動しています。忙しくなっても、そこでのライブは大事にしたい。バラエティに関しては、さきほど番組で陣内さんに『若いんだから、失敗を恐れるな』と言ってもらったので、だいぶ気が楽になりました。恐れずにやっていきたいと思います」

せいや: 「僕も不安はありませんね。僕らには『M-1チャンピオン』という称号を手に入れることが出来たので、胸を張って漫才をし続けられる。決勝でやったタイプとは全く違ったタイプの漫才もたくさんあるんです。これからはどんどん新しいネタを見せていきたいです。チャンピオンになったということは、新しいネタに挑戦する権利を得られたことだと思っています」

粗品: 「いや~、したな。優勝したんやな。めっちゃ実感湧いてきたわ」

せいや: 「僕も話してたらチャンピオンの自覚がめっちゃ芽生えてきました(笑)」

霜降り明星は、漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」決勝戦(12月2日)で4,640組の頂点に立った。2013年結成の霜降り明星は、今回の決勝進出コンビの中では最年少。平成生まれ同士・1990年代生まれ同士のコンビの決勝進出は初めてだった。 12月4日配信の映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「週刊!M-1最前線」の最終回に出演。

・【無料配信】霜降り明星やファイナリストが全員集結する特別番組「M-1グランプリ2018 世界最速大反省会」>>

・【記者会見映像】ファイナリスト発表>>

・【GYAO!】陣内智則がMCの特別番組「週刊M-1最前線」>>

◆霜降り明星
2013年1月にコンビ結成。粗品は、1993年1月7日生まれ、大阪府育ち。せいやは、1992年9月13日生まれ、大阪府育ち。「第38回ABCお笑いグランプリ」優勝、「M-1グランプリ2018」優勝など、若手随一の輝かしい経歴を誇る。
粗品の座右の銘は、「運命は自分が決める」。せいやの座右の銘は、「芸は身を助ける」。

(取材・文/沢野奈津夫@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ