ここから本文です

今年の「NHK新人お笑い大賞」で優勝を果たしたお笑いコンビ・Gパンパンダの星野光樹は、公認会計士として働いている。同賞を受賞したことにより、クライアントをざわつかせていることを明かした。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


お笑いでの活躍で会計士界をざわつかせる芸人>>

Gパンパンダが、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「ぶるぺん」にゲスト出演した。公認会計士キャラをアピールしてきた星野だが、「このたび税理士の資格も取りました」と報告。公認会計士・税理士・芸人の三足のわらじの中で、もっとも稼げる仕事をぶっちゃけるなどした。「将来的にはお笑いでやっていきたいと思っている」と意気込む星野だったが、番組MCを務めるお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介から"ある提案"をされると、「確かに......」と納得。相方の一平に「違うだろうが、おまえは」とツッコミを入れられた。

また、星野には少々困りごとがあるらしい。これまでお笑いをやっていることを公認会計士としての仕事相手にあまり言っていなかったそうだが、「NHKで全国に流れたことで、クライアントから『あいつお笑いやっている』とバレ始めていて、それが怖いです」と最近の悩みを明かした。松尾が「(お笑いの活動が)バレたからといって契約切られるとかないとは思うけど」と相づちを打つと、星野は、「ないと思うけど、なーんか嫌じゃないですか?」と質問。松尾も「確かに。ちょっとだけ(公認会計士としての)説得力落ちるよね」と認めて笑いを誘った。

お笑いでの活躍で会計士界をざわつかせる芸人>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ