ここから本文です

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜21時~)の第9話が、12月4日に放送された。好きなことをして生きてきた主人公・相河一輝(高橋一生)と、その生き方ができなかった樫野木聡(要潤)が衝突するシーンを見て、思うところのあった視聴者も多かったようだ。

サムネイル

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜21時~)


【無料配信】高橋一生 主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

動物の行動を研究する"動物行動学"の大学講師を務める相河一輝は、空気が読めない超マイペース人間。そんな相河が"こじらせ"女性歯科医院長・水本育実(榮倉奈々)ら他の登場人物を巻き込み、影響を与えていく。

マイペースすぎる性格のせいで、最初はさまざまな人間から疎まれていた一輝。しかし、たぐいまれなピュアさで少しずつ信頼を獲得してきた。第9話は、生徒である琴音(矢作穂香)に告白されたり、育実への思いを自分らしく伝えたりと、一輝と周囲の関係が深まっていることを感じさせる回だった。だが、ピュアでマイペースな一輝が他人に与える影響とは、必ずしもポジティブなものだけではなかった。

准教授である樫野木は、野心家なキャラクターだ。教授の鮫島(小林薫)に必死で媚(こ)びを売るような少しずる賢い一面もあるが、向上心の強い努力家と言ってもいいだろう。樫野木は、自分のやりたいことを我慢して、常に周囲とバランスを取りながら生きてきた。そんな樫野木は、一輝に嫉妬心を感じていた。ある日、元妻の再婚を知ってイラついていた樫野木に対して、何も知らない一輝は、いつもの調子で話しかけた。その瞬間、樫野木のストレスは爆発し、一輝に痛烈な言葉を浴びせてしまう――。

このシーンにネット上では、さまざまな声があがった。「言っていいことと悪いことがある」「完全に八つ当たりだよ」「一輝がかわいそう」と樫野木の発言を批判する声の一方で、「めっちゃ気持ちわかる」「好きなことができずに生きている人もいる」「一輝はかわいそうだけど、樫野木先生もかわいそう」と擁護する声もあった。

ピュアで真っすぐな一輝が描かれてきた「僕らは奇跡でできている」。だが、最終回直前の第9話では、一輝が体現している「好きなことだけで生きていく」をそのまま鵜呑(うの)みしてもいいものか、考えさせる内容となった。

映像配信サービス「GYAO!」では、「僕らは奇跡でできている」の各話テレビ放送終了直後から無料見逃し配信を実施している。また、物語をつなぐ特別ドラマであるチェインストーリーも独占配信中。チェインストーリー最終回となる第9.5話では、アリが大好きな沼袋先生(児嶋一哉)が、大好きな一輝のためにとある検証を行うが......。

【無料配信】高橋一生 主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ