ここから本文です

結成23年目を迎えたアイドルグループ・ミニスカポリスのメンバーは、いまや18代目。矢野みき、荻野美央、日向ひな、高梨うみ、現役メンバー4人が現在のミニスカポリスの活動について語った。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


OLが突然アイドルを始めた理由とは>>

ミニスカポリスが、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「ぶるぺん」に登場した。番組MCを務めるお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介が「言い方めちゃくちゃ悪いですけど、まだやってたんだ!」と驚きを示すと、メンバーたちも「よく言われます」と頷(うなず)いた。「ときにはパンチ! ときにはキック! タイホしちゃうぞ!」というおなじみの自己紹介を見て、松尾は、「すごい、昔と一緒だ!」とコメントしていた。また、松尾は、メンバー同士がお互いを「ポリス」と呼び合うのも懐かしがっていた。

松尾の「当時と今と、活動はどのへんが違うんですか?」という質問を受けて、矢野は、「昔はテレビ番組に出ていましたが、今は完全に歌って踊るアイドルユニットに変わりました」と活動の主戦場が変わったことを説明。現在はアイドルイベントに出演していると語った。初代からミニスカポリスを知っているファンもいて、現役メンバーが逆に「こうだったんだよ」ということをファンから教えられるそうだ。

番組では他にも、もともと会社員として働いていた矢野が、ミニスカポリスで芸能界デビューすることになったきっかけも明かされた。実は同グループに所属していた友人から誘われたらしい。矢野が「ミニスカポリスのメンバーはそういうのが多くて、紹介で入ったのがほとんど」と明かすと、他のメンバーたちも頷(うなず)いていた。

OLが突然アイドルを始めた理由とは>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ