ここから本文です

ドロドロの復讐(しゅう)劇を描いたドラマ「ブラックスキャンダル」が、12月6日に最終回を迎えた。主人公の矢神亜梨沙(山口紗弥加)と、物語の真の黒幕である勅使河原純矢(安藤政信)との壮絶なキスシーンが話題になっている。

サムネイル

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「ブラックスキャンダル」(毎週木曜23:59~24:54)


・【無料配信】「ブラックスキャンダル」最新話を配信中>>

・特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

人気女優の藤崎紗羅(松本まりか)は、虚偽の不倫スキャンダルの当事者に仕立て上げられ、不本意にも謝罪会見をするはめになった。紗羅は世間の激しいバッシングの末に芸能界から抹殺されたあげく、報道陣に追い詰められた紗羅の母は焼身自殺をしてしまう。それから5年後、紗羅は整形手術を受けて矢神亜梨沙(山口紗弥加)を名乗り、かつての所属事務所「フローライト」に芸能マネジャーとして潜入。自らを陥れたゲスたちに報復を果たすべく動き出す――。

亜梨沙は、「フローライト」社長の一人息子で、自身の元恋人である純矢こそがすべての元凶だったことを突き止めた。ハンサムで仕事もできて人望の厚い純矢だが、その本性は、人間として何かが大きく欠落した男。紗羅の人生をめちゃくちゃにした不倫スキャンダルの真実が明らかになっても悪びれず、「君ならきっと、俺が不幸になるより、自分が不幸になる方がマシだと思ってくれると信じてたからね」と言ってのけた。

しかし、すべての真実を知っても、亜梨沙は純矢を愛していたのだろう。クライマックスの壮絶なキスシーンに衝撃を受けた視聴者は多かったようで、Twitter上では、「背筋凍った怖かった」「恐ろしすぎぃぃぃい」「無理...」といった声があがった。しかし、ラストシーンはさらに衝撃的なものだったかもしれない。果たして亜梨沙の真意とは......? 視聴者にゆだねるような結末に、Twitter上では考察も盛り上がっている。

なお、映像配信サービス「GYAO!」では、物語の各話をつなぐ特別映像"チェインストーリー"を独占配信中。

・【無料配信】「ブラックスキャンダル」最新話を配信中>>

・特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ