ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。12月15日の放送では、元プロ野球選手で東京ヤクルトスワローズ前監督の真中満氏が登場しました。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】「有吉反省会」配信中>>

真中氏は「Instagramに扇風機の写真ばかりをアップして、野球ファンをがっかりさせていること」を反省します。真中氏は2007年にはシーズン代打安打数の日本記録を樹立するなど、スワローズ一筋で俊足巧打の外野手として活躍した選手。2014年には同チームの監督に就任し、1年目でセ・リーグ優勝も果たしました。そんな真中氏が今年9月に47歳にしてInstagramを開設。なぜか扇風機の写真ばかりを投稿してファンを困惑させているのです。

スタジオに登場した真中氏は、MCでお笑い芸人の有吉弘行に"扇風機愛"を語りますが、その根底には「野球以外の部分で『自分探し』をしたい。何が自分に向いているのか知りたい」という思いがあるそうです。有吉は、「扇風機ではない」とツッコんでいました。

ところで真中氏といえば、2015年のプロ野球ドラフト会議での、「当たりくじを引いたと思ってガッツポーズをしたものの、実はハズレくじだった」という勘違いが話題になりました。真中氏は、「NPBのマークがあって、もうひとつ交渉権確定マークがあるんですけど、それはなかった。NPBのマークが一瞬チラッと見えただけでパーッと手を上げていた」と釈明しました。さすがに恥ずかしかったらしく、「そのあとのドラフト会議は上の空でした」と振り返っています。

選手への指名のメッセージを収録したあとに勘違いが判明したことや、帰宅してから妻に何度もガッツポーズの映像を見せられたことなど、プロ野球史上に残る勘違い事件の裏側にスタジオも大盛り上がりでした。

そんな真中氏への禊(みそぎ)は、「商店街の抽選会で扇風機が当たるまで帰れない」というもの。有吉からは「扇風機当たってないのにガッツポーズするのはやめてくださいね」と釘(くぎ)を刺されていました。この模様は近日公開の予定です。

【無料配信】「有吉反省会」配信中>>

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ