ここから本文です

12月16日放送のTBS系「情熱大陸」では、世界最先端のパンダ研究基地で働く唯一の日本人女性・阿部展子氏に密着した。赤ちゃんパンダがたくさん登場して、視聴者から「癒やされる~」といった声があがっている。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】赤ちゃんパンダがたくさん登場「情熱大陸」最新話を配信中>>

舞台となったのは、中国・四川省にある成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地。こちらの施設は、ジャイアントパンダの絶滅を食い止めるべく将来は野生に返すことを目的としており、取材を受け入れるのは極めて珍しいことらしい。赤ちゃんパンダ7頭の世話を担当する阿部氏に密着して、パンダ飼育員の仕事ぶりに迫った。

よちよち歩きしたり、人間にじゃれついたり、初めてブランコに乗ったり、抱っこされているうちに眠ってしまったり......。「情熱大陸」12月16日放送回は、赤ちゃんパンダたちのかわいらしさを堪能できる回でもある。犬のような鳴き声や、毛並みのつむじ事情など、なかなか知らないパンダ情報が次々と紹介された。ぬいぐるみのような赤ちゃんパンダの姿に心を射抜かれた視聴者は多かったらしく、Twitter上では、「私的神回」「いとしい...」「癒やされる~」「パンダの赤ちゃん見放題」といった喜びの声が続出している。

【無料配信】赤ちゃんパンダがたくさん登場「情熱大陸」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ