ここから本文です

朝日放送テレビ「相席食堂」で、ロケ界の新たなスターを発掘するための企画を行った。元ボクシングトレーナーの亀田史郎氏が意外な才能を発揮しており、番組MCを務めるお笑いコンビ・千鳥も大絶賛していた。

サムネイル

亀田史郎/August 1, 2006 - Boxing : weigh-in for the Light Fly weight championship at Korakuen Hall, Tokyo, Japan. (写真:アフロスポーツ)


【無料配信】「相席食堂」配信中>>

「相席食堂」は、有名人が田舎の食堂を訪れて地元の人々と相席するVTRを千鳥がツッコミながら見守るバラエティ番組。12月16日放送の同番組では、「ロケスター発掘☆青田買いSP」として、次世代ロケスター候補8組が登場。"関西オネエ界の新星"と期待されるベビーヴァギーや音楽家の新垣隆氏、千鳥・ノブの実兄たちが登場した。

次世代ロケスター候補の1組として登場した亀田史郎氏は、大阪のコリアンタウン・鶴橋を訪れた。今年10月に長男・亀田興毅氏が「相席食堂」に出演したが、亀田史郎氏は、「下手すぎる」とバッサリ。「興毅のリベンジ」と息巻いていた。

まず屋台でチヂミを食べたあとは、「サイコー!」とキメポーズつきでコメント。よく見たら、シャツには「3150(サイコー)」というロゴが入っているとおり、今回のロケに対する気合はかなりのものらしい。その後も商店街グルメを口にするたびに、たまに「ふつう」や「うまみちゃん、やばみちゃん」も交えながら、どうやらプッシュしているらしい「サイコー!」ポーズが飛び出した。

軽快にロケを進めていく史郎氏を千鳥も絶賛。ノブは、「ちょっとマジで発掘したんちゃう?」と興奮気味に語り、大悟も「この人引っ張りだこやぞ、2019年は」とコメントした。

【無料配信】「相席食堂」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ