ここから本文です

お笑いコンビ・スカチャンが、降ろされかけたレギュラー番組を幽霊に救ってもらったというエピソードを披露。謎の手が写り込んだ心霊写真も公開した。

サムネイル

(C)吉本興業


正体不明の手が、左肩に......「幽霊が映り込んでいる」画像>>

スカチャンが、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「よしログ」に出演した。スカチャンは、ある番組でスタジオと中継をつないだ上で、本当に幽霊が出るのか心霊スポットに行って検証するコーナーのレギュラーを務めていた。さまざまな心霊スポットでロケを重ねてきたスカチャンだったが、幽霊はなかなか現れなかった。たったの1カ月で心霊コーナーは中止が決定し、スカチャンはやっと手に入れたレギュラー番組を失うことになってしまった。

しかし、最後の収録で事件が起こった。「スカチャン、今までありがとう」というテロップが流れてコーナーが終了すると、スタジオにいるスタッフから突然電話がかかってきたという。電話で伝えられた内容は、「今まさにロケ映像に幽霊が映り込んでいる」というものだった。これによりコーナーは続投が決定。スカチャンは、幽霊のおかげでレギュラーを降ろされずに済んだそうだ。

さらにスカチャンは、問題のロケのときの画像も公開。正体不明の手が、宮本和幸の左肩をハッキリとつかんでいた。

よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

正体不明の手が、左肩に......「幽霊が映り込んでいる」画像>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ