ここから本文です

お笑い芸人のTAIGAが、プライベートでも本人になりきってしまう一部のモノマネ芸人に苦言を呈した。「モノマネ芸人ほど謙虚じゃなきゃいけないジャンルはないと思うんです」と自身の考えを述べている。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】モノマネ業界のヤバい裏側 大暴露!「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」を配信中>>

12月20日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」は、「モノマネ業界のヤバい裏側大暴露SP」として、モノマネ芸人たちが集結。和田アキ子のモノマネで話題のMr.シャチホコがカツラを外した意外な姿を公開したり、中井貴一のものまね芸人であるきくりんが中井本人と対面したときの粋な対応を明かすなどした。

ツイストを踊りながら織田裕二のモノマネをするという異色のネタを披露したTAIGAは、「全部が全部じゃないですよ」と念押ししながら、「モノマネ芸人にはイタい人が多い」という持論を展開した。「ご本人になりきりすぎてしまって、プライベートまで本人だと思っちゃう節がある」と指摘して、「モノマネ芸人ほど謙虚じゃなきゃいけないジャンルはないと思うんです。オリジナルじゃないんで。アーティストさんや芸人さんがいて、そのモノマネで飯を食わせていただいているんで」と自身の考えを述べた。

一体誰のことかと聞かれたTAIGAは、「名前とかは......」と渋っていたものの、結局ツイストの音楽に合わせて、問題のモノマネ芸人の名前を言う流れになった。名前は編集で伏せられていたが、3人の名前を挙げていた。また、TAIGAが「モノマネ界はイタい人が多い」と感じるきっかけとなったエピソードも披露された。

【無料配信】モノマネ業界のヤバい裏側 大暴露!「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ