ここから本文です

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、クラウドファンディングで支援金を集めるコツを明かした。西野がクラウドファンディングで集めているのは、お金ではないという。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】自身につきまとうアンチの活用術も語る「ビーバップ!ハイヒール」を配信中>>

12月20日放送の朝日放送テレビ「ビーバップ!ハイヒール」に西野が登場。クラウドファンディングで1億5000万円を集めた経験のある西野は、「支援金を集めるには信用が大事」だと語った。有名人のほうが多くの信用を得られそうに思えるが、西野は、「テレビタレントとクラウドファンディングの相性って、めちゃめちゃ悪いんですよ。だいたいみんな失敗しています」と持論を展開した。

タレントとクラウドファンディングの相性が悪い理由として、西野は、グルメ番組を例に出した。「あまりおいしくない料理が出てきても、そんなにひどいことは言えない。でもそれ(おいしいというコメント)を言わないと仕事にならない」と語り、タレントは職業柄"忖度(そんたく)"が求められる場面もあるが、インターネットが当たり前のものとなった現代では、ウソはすぐバレる上に、ウソをついたことが広まってしまうと主張した。

西野は、50万部を売り上げた絵本『えんとつ町のプペル』で支援金を約5600万円も集めたが、支援者に対するリターン費用が5600万円を越えたため、実質クラウドファンディングを利用したことによって赤字になったそうだ。しかし西野は、赤字を問題視していない。「支援者数が1万人ぐらいいたんですよ。実は、5600万円がほしいんじゃなくて、この支援者がほしかった」と明かした。

西野いわく、クラウドファンディングで支援することは、一緒に本を作ったという意識につながるそう。たとえば2人が作った本であれば、作り手は必ず購入するので最低2冊は売れると指摘。西野は、「2人で作った本が2冊売れるのであれば、100人で作ってしまえば100部売れる。10万人で作ってしまえば10万部売れる」と語り、「つまり"お客さん"に届けるのではなく、"作り手"を増やしてしまえば、作り手がそのまま消費者になる」と自身の考えを述べた。

他にも西野は、自身につきまとうアンチの活用術や、吉本興業に所属する芸人全体の給料をアップさせる驚きの方法を明かしている。

【無料配信】自身につきまとうアンチの活用術も語る「ビーバップ!ハイヒール」を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ