ここから本文です

漫画家でイラストレーターのみうらじゅんが主催する「みうらじゅん賞」が今年も開催されることが決定した。映像配信サービス「GYAO!」で、12月25日18時より「輝け!第21回みうらじゅん賞」(出演:みうらじゅん、安齋肇)が独占無料配信される。

サムネイル

「輝け!第21回みうらじゅん賞」12月25日18時より独占無料配信


【無料配信】「輝け!第21回みうらじゅん賞」を配信中>>

1994年に創設された「みうらじゅん賞」は、みうらが独断で今年を飾るのにふさわしい人やものを選考して贈呈する賞。昨年発表された第20回の授賞式には、第8回の受賞者である"千葉の英雄"タレントのジャガーがゲスト出演して歌を披露した。「第20回みうらじゅん賞」は、船越英一郎、伊集院光、運慶、川上ゆう、冷蔵庫に貼るマグネット"冷マ"の5組が受賞。なお、過去には、リチャード・ギアや松本清張、せんとくん、二本松の菊人形、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、「Since1624(みうらは街中にあふれる『Since~』を見つけるゲームを楽しんでおり、これまで発見したもっとも古い『Since~』が『Since1624』)だそう」などが受賞を果たしている。ありえないラインアップが成立するのが、「みうらじゅん賞」なのだ。

平成最後の「みうらじゅん賞」は、クリスマスに「GYAO!」にて独占配信されることが決定した。一体みうらは今年1年何が気になったのか? 2018年も思いもよらぬ人・ものが選出されそうだ。

【無料配信】「輝け!第21回みうらじゅん賞」を配信中>>

<歴代受賞者(敬称略)>
第1回(1994年):杉作J太郎、中野まり子、カーツ佐藤、いとうせいこう
第2回(1995年):薮下秀樹、泉晴紀、泉麻人、田口トモロヲ
第3回(1996年):金子修介、樋口真嗣、町山智浩、水野晴郎、安斎肇、山田五郎
第4回(1997年):宮本浩次、吉田照美、喜国雅彦、谷ナオミ、松崎しげる、水道橋博士
第5回(1998年):スターシップ・トゥルーパーズ、ミスターマッスル、野坂昭如、ヤセの断崖、池田貴族
第6回(1999年):遠藤賢司、久住昌之、ジョージ・ルーカス、優香、ニャンまげ
第7回(2000年):ケビン・ベーコン、野沢直子、井上陽水、小林よしのり、叶姉妹
第8回(2005年):熊田曜子、井筒和幸、猫ひろし、リリー・フランキー、峯田和伸、ジャガー、リチャード・ギア
第9回(2006年) :高見沢俊彦、スチャダラパー、高田純次、サミュエル・L・ジャクソ ン、二本松の菊人形、大竹伸朗、ギャル曽根
第10回(2007年):SAM(TRF)、俺たちフィギュアスケーター、黒川晃彦、入水鍾乳洞、田村正和、ポッチャリ王子、キヨーレオピン
第11回(2008年) :せんとくん、笑福亭鶴光、人間椅子、高田文夫、根本敬、中井貴一
第12回(2009年) :チョー、ポール・スミス、色即ぜねれいしょん、松本清張、ビーグル38
第13回(2010年):水嶋ヒロ、ダニー・トレホ、YO-KING、風間ゆみ、太田章、松久淳
第14回(2011年):野口健、前野健太、わさお、ピンク・フロイド、ミゲル
第15回(2012年):川勝正幸、ドン小西、糸井重里、壇蜜、オリエント工業
第16回(2013年):タモリ、宮藤官九郎、土門拳、真如海上人、ねぎしのしろ4
第17回(2014年):楳図かずお、小谷元彦、橋本マナミ、渡辺祐、リーアム・ニーソン
第18回(2015年):平田一式飾、松本人志、三浦憲治、マッドマックス 怒りのデス・ロード、GLIM SPANKY
第19回(2016年):安住紳一郎、Since1624、月船さらら、御陣乗太鼓、ボブ・ディラン
第20回(2017年):船越英一郎、伊集院光、運慶、川上ゆう、冷マ

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ