ここから本文です

かなまるは、2歳の娘を持つシングルマザーの"ママアーティスト"として歌手活動を行っている。講談社が主催するオーディション「ミスiD2018」では、選考委員を務めたミュージシャン・SKY-HIが選ぶSKY-HI賞を受賞した。今でこそママとして芸能活動を再開した彼女だが、妊娠時には驚くようなマタハラを受けて苦しんだらしい。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 "ママアーティスト"かなまる)


・出産後の元アイドルへのファンの反応は?>>

・元アイドルのママが受けた驚愕のマタハラ>>

■「おなか大きいのに職場に来るんじゃねーよ」

――かなまるさんは、もともと地下アイドルとして芸能活動を始めたそうですね。アイドルになったきっかけはどんなものでしたか?

かなまる:「子供のときから歌うことが好きで、どうしても歌手になりたかったんです。そしたら、あるとき業界人......? みたいな方に、『歌手になる1番の近道は地下アイドルだよ』と勧められました。19歳の私はその言葉を信じて地下アイドルになったんですけど、とにかく過酷でした。

当時いろいろ地下アイドル業界の黒い部分を見てしまったので、辞めたいという気持ちは早いうちから芽生えていました。運営スタッフ同士の仲がとにかく悪くて、あるスタッフが衣装をたたんでいたら、上司が『許可なく触るんじゃねぇ!』ってハンガーでスタッフを殴っていたんです。その事務所がおかしかっただけなのですが、そういうのを見ていたら、『芸能界自体もういいかな......』と感じてきてしまって。それで、メンバーの中で私が1番最初にアイドルを辞めることを決めました。今はグループ自体解散しています。」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 "ママアーティスト"かなまる)


かなまる:「アイドルを辞めてから、半年後くらいに妊娠がわかりました。周りに妊娠している人がいなかったので、みんなからは『ちゃんとママになれるの?』と驚かれましたね。でも昔から子供が大好きだったので、妊娠がわかったときは喜びしかありませんでした! 堕ろすという選択肢はなかったです。

妊娠が判明したときは企業の事務として働いていたんですけど、いつも仲良くしてくれる女性の先輩がいたんです。本当に優しくて、妊娠したことを話したときも喜んで応援してくれました。でも、臨月手前のころかな。その方と休憩で2人になったときに、『おなか大きいのに職場に来るんじゃねーよ。妊娠したくてもできない人だっているんだよ!』と突然迫られたんです。あまりに突然のことでショックでした。上司に相談したんですけど、『彼女はそんなこと言う人じゃない』って信じてもらえなかったんです。それを聞いて、自分はこの職場にいないほうがいいなと思ったので、次の日に会社を辞めました」

■「ミスiD」が再び夢を追いかけるきっかけに

――芸能界から離れていましたが、「ミスiD2018」をきっかけに活動を本格再開させることになりましたね。

かなまる:「『ミスiD』で何か結果が残せたら、また音楽活動を始めたいという気持ちで応募しました。なので、SKY-HI賞をいただけた時は本当にうれしかったです。SKY-HIさんが『ママでも歌っているというところに魅力を感じた。かなまるさんのことを見て他の女性たちも夢を諦めないでほしい』と評価してくださったのがうれしかったです」

――お子さんを仕事現場に連れていくことは?

かなまる:「ライブは音がうるさいので連れていけませんね。今は実家暮らしなので、私が仕事のときは母親に見てもらうか保育園に預けています。子育てで悩んだことはあまりないのですが、仕事中でも娘シックになって会いたくなっちゃうんです。親馬鹿ですよね(笑)」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 "ママアーティスト"かなまる)


――お子さんは、母親の芸能活動をどう受け止めているのでしょうか?

かなまる:「出産してからは涙もろくなって、何でもないときに泣くことも多くなりました。あるとき娘に言われた『ママ、泣かないで』という言葉が今でも印象に残っています。娘は私が音楽活動をしていることを知っているので、『頑張ってね』とか優しい言葉をよくかけてくれますね。この前なんか、家出るときに娘から『いってらっしゃい』じゃなくて『歌ってらっしゃい!』って言われたりしちゃって(笑)。私が歌手として活動できているのは娘の存在が大きいし、娘が原動力になっています!

将来、娘には周りの人に愛情を与えられるような人になってほしいです。私が娘からたくさんの愛情をもらっているので! 自分のやりたいことを思いっきりやってくれればいいかなと思います。

自分の夢が実現してきたら、ママのファンたちをバックアップしていきたい。育児情報を発信することで、頑張るお母さんたちを支えていけるような、癒やしてあげられるような存在になりたいです。あと、子供は親の背中を見て育つので、やりたいことを全力でやって夢を追い続ける姿を娘に見続けてもらいたいですね」

◆かなまる
1994年7月5日生まれ。地下アイドルとして活動した後、妊娠・出産を経て1児のシングルマザーとなる。講談社が主催するオーディション「ミスiD2018」でSKY-HI賞を受賞して芸能活動を再開。現在は子育てをしながら歌手活動を行っている。
座右の銘は、「常に生きる」。

(取材・文/山内光太郎@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、
裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。
インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ