ここから本文です

12月31日、格闘技イベント『Cygames presents RIZIN.14』がさいたまスーパーアリーナで行われた。フロイド・メイウェザー・ジュニア VS 那須川天心の"世紀の一戦"をはじめRENAの復帰戦、そして堀口恭司、浅倉カンナ、浜崎朱加といったトップファイターたちの激闘が、平成最後の大みそかに花を添えた。映像配信サービス「GYAO!」では、同大会の全試合を無料で配信中だ。

サムネイル

『RIZIN.14』の全試合を「GYAO!」で無料配信中


【無料配信】『Cygames presents RIZIN.14』『Cygames presents RIZIN 平成最後のやれんのか!』を配信中>>

【無料配信】過去「RIZIN」大会 試合映像も配信中>>

メインを飾ったのはフロイド・メイウェザー・ジュニアと那須川天心という超ビッグネームによる「平成最後の異種格闘技戦」。プロボクシングで50戦50勝27KOという完璧な戦績を誇り、1試合で200億以上もの大金を稼ぐ"ボクシング界のレジェンド"メイウェザーと、プロキックボクシングで28戦28勝21KOの"日本格闘技界の至宝"那須川が、3分3Rのスペシャルエキシビションマッチで激突した。

セミファイナルの第13試合には、2018年9月に那須川とキックボクシングルールで対戦した堀口恭司が登場。RIZINバンタム級タイトルマッチとして、Bellator世界バンタム級王者ダリオン・コールドウェルと団体の威信をかけた真剣勝負に臨んだ。

サムネイル
『RIZIN.14』の全試合を「GYAO!」で無料配信中


第12試合では浅倉カンナと浜崎朱加によるRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチが実現。"ツヨカワ女王"RENAに2連勝するなど成長著しい朝倉と、アトム級では全勝を誇る元Invicta王者の浜崎が、同階級の初代女王の座をめぐって対決した。

そのほかにもダロン・クルックシャンクやマネル・ケイプといった海外の強豪をはじめ、故・山本"KID"徳郁さんの姉の山本美憂、美憂の長男である山本アーセン、さらに矢地祐介や真珠・野沢オークレアなど、格闘技界を代表する猛者たちが集結した『Cygames presents RIZIN.14』。映像配信サービス「GYAO!」では、川尻達也や北岡悟らが出場した追加大会『Cygames presents RIZIN 平成最後のやれんのか!』も含めて、1月1日の12時から全試合の模様を無料でアーカイブ配信している。

【無料配信】『Cygames presents RIZIN.14』『Cygames presents RIZIN 平成最後のやれんのか!』を配信中>>

【無料配信】過去「RIZIN」大会 試合映像も配信中>>

(文/曹宇鉉@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ