ここから本文です

アニメ「マクロス△」フレイア・ヴィオン役や「カードキャプターさくら」詩之本秋穂役などで知られる声優の鈴木みのりが、ソロ歌手デビューを果たした2018年を振り返った。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】鈴木みのりが出演!「GYAO! リスアニ!タイム」を配信中>>

映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「GYAO! リスアニ!タイム」は、アニメ音楽誌「リスアニ!」(エムオン・エンタテインメント)がおくる音楽トーク情報番組。第9回に鈴木がゲスト出演した。

鈴木は今年1月、ファーストシングル「FEELING AROUND」をリリースしてソロデビューを果たした。「今年1月の出来事が2、3年前くらいの気持ち。早かったような遅かったような、密度の濃い時間だからこその不思議な感覚でした」と2018年を振り返った。

今年は世界最大級のアニソンライブイベント「Animelo Summer Live」に出演したことも印象深かったそう。多くのキャラクターソングの歌唱を担当してライブにも出演してきた鈴木でも、ソロ歌手としてステージに立つのには特別な感慨があったようで、「ペンライトの色を皆さん緑にしてくださった。(過去に演じた)キャラクターのイメージカラーは赤だったので、自分の曲で、キャラクターとは違った色がつくっていうのは、自分の中で大きな出来事だったな」とほほ笑んだ。

また、鈴木は12月19日にファーストアルバム『見る前に飛べ!』をリリースした。自ら作詞を担当した「見る前に飛べ!」「ヘンなことがしたい!」の歌詞に込めた思いも明かした。また、来年3月よりスタートする初の全国ツアーへの意気込みも語っている。

【無料配信】鈴木みのりが出演!「GYAO! リスアニ!タイム」を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ