「細かすぎて伝わらないモノマネ」番組名物"落とし穴"の裏話明かす

2018/12/27 18:09

フジテレビ系バラエティ番組「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」で優勝したお笑いコンビ・LOVEのたつろうが、番組名物の"落とし穴"について明かした。たつろういわく、「頭を削られる」危険性があるらしい......!?

サムネイル
(C)吉本興業


「細かすぎて」優勝芸人が明かす舞台裏>>

LOVEが、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「よしログ」に出演した。「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」は、出演者がモノマネを披露した直後に落とし穴に落とされてしまう流れが名物となっている。「自転車を撤去された人」「空中に文字を書く人」といったネタを披露して優勝したたつろうは、手応えがあったか周りの若手芸人に聞かれることがあるそう。落ちた後に穴はすぐにふさがってしまうので、笑い声はほとんど聞こえないと明かした。

すぐに穴がふさがるせいで、出演者は落ちたらすぐ首を曲げて屈まないと、閉まる落とし穴に「頭を削られる」らしい。そのため、出演者は本番前に落下のリハーサルを行う。同企画に初出演したたつろうは、スタッフの反応を確かめるためリハーサルでも本気でモノマネを披露した。しかし、モノマネに集中するあまり、落とし穴の存在をすっかり忘れてしまっていた。リハーサルのいきさつについても語っている。

よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

「細かすぎて」優勝芸人が明かす舞台裏>>

(文/沢野奈津夫@HEW