ここから本文です

12月31日、格闘技イベント『Cygames presents RIZIN.14』がさいたまスーパーアリーナで行われる。映像配信サービス「GYAO!」では、那須川天心とフロイド・メイウェザー・ジュニアによる世紀の一戦に向けたスペシャル映像を公開した。なお、12月30日(日)16時より、大会前日の公開軽量を生配信する。

サムネイル

『Cygames presents RIZIN.14』12月30日(日)16時より、大会前日の公開軽量を生配信する


【スペシャル映像】RIZIN Confessions #25 RIZIN>>

【無料配信】12月30日(日)16時~ 大会前日の公開軽量を生配信! メイウェザーの肉体に注目>>

プロボクシングで50戦50勝27KOという完璧な戦績を誇るメイウェザーは、世界中の誰もが認める伝説的なボクサーだ。2015年のマニー・パッキャオ戦では330億円、2017年のコナー・マクレガー戦では260億円とも言われるビッグマネーを稼ぎ出しており、世界一のセレブアスリートとしても知られている。

一方の那須川もプロキックボクシングで28戦28勝21KOと全勝街道を突進中で、弱冠20歳にして"日本格闘技界の至宝"と称されている。そんな那須川にとっても、メイウェザーとの対戦は青天の霹靂(へきれき)だったという。父から突然「メイウェザーとやるか?」と質問された那須川は、「えっ?」と驚愕(がく)しながらも「もちろんやるよ」と即答。3年前、那須川はメイウェザー対パッキャオの試合をテレビ越しに観戦しながら「おれもアレくらいにならないと。でもイケるような気がするな......」と憧れを口にしており、今回のビッグマッチについて「言葉に表しようがない」と感慨深そうに喜びを表現した。

サムネイル
『Cygames presents RIZIN.14』12月30日(日)16時より、大会前日の公開軽量を生配信する


メイウェザーは「どんなパンチでも避けられる」と評されるほどの天才的なディフェンススキルであまたの強豪から勝利を収めてきた。那須川はメイウェザー対策として「避けるところを想定して打つ」ことをポイントとして挙げ、ボクシングの世界チャンピオンにも負けないという"頭の回転力"に自信を見せていた。

メイウェザー側との交渉が暗礁に乗り上げ、一時は試合の開催自体が危ぶまれるなど、紆(う)余曲折を経て実現した世紀の一戦。メイウェザーの土俵であるボクシングルールでの対決となるが、那須川は2週間のアメリカ合宿を敢行し、超一流の環境でボクシングスキルを磨き抜くという。「死んでもいいくらいの覚悟で挑みます。もちろんKOしますよ」と強い気持ちで決戦に臨む那須川は、記者会見で宣言した通り「拳ひとつで世界を変える」ことができるのだろうか。12月31日、その答えが明らかになる。

<大会概要>
『Cygames presents RIZIN.14』
2018年12月31日(月)開場 13:00/開始 15:00
さいたまスーパーアリーナにて開催。映像配信サービス「GYAO!」では、全試合の生配信を実施(有料)。また、12月30日(日)16時より、大会前日の公開軽量を無料生配信。過去大会の全試合も無料配信中。

【スペシャル映像】RIZIN Confessions #25 RIZIN>>

【無料配信】12月30日(日)16時~ 大会前日の公開軽量を生配信! メイウェザーの肉体に注目>>

(文/曹宇鉉@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ