ここから本文です

高額アルバイトとして、若い女性の間で話題になっているギャラ飲み。その知られざる実態を、ギャラ飲みをライフワークにしているタレントの幸村未鈴が語ってくれた。なんでも、とてつもないお金持ちと出会えることもあるそうだ。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 タレントの幸村未鈴)


・ギャラ飲み女子が赤裸々に語る「ギャラ飲み」とは?>>

■ギャラ飲み女子は、何千人もいる?

――ギャラ飲みを知らない人のために、簡単に説明してもらってもよろしいでしょうか?

幸村: 「"タクシー代"という形で男性からお小遣いをもらう飲み会のことです。ずっと前からそういうのはあったと思いますが、タクシー代を目的に飲みに行く女の子が増えたことで、"ギャラ飲み"という言葉が生まれました。ここ1~2年くらいで一気に広まった感じですね。タレントとかアイドルの卵がやっているイメージを持たれていますけど、そういう人ばかりではないです。むしろ普通に働いてるOLさんとか大学生とか、一般の方が全然多いですよ。」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 タレントの幸村未鈴)


・女性がギャラ飲みに参加する方法は?>>

幸村: 「最初は知り合いから、「今週末ギャラ飲みあるけど来る?」みたいに誘われて、行っていました。でも今は、LINEのギャラ飲み専用グループで情報が共有されることが多いですね。LINEのグループって最大で500人しか入れないんですけど、ギャラ飲み専用グループはいくつも存在します。重複してグループに入っている女の子もたくさんいるのかもしれませんが、ギャラ飲みをしている女の子って何千人もいるんじゃないですかね。」

・グラドルのギャラ飲み頻度がスゴすぎる>>

幸村: 「1つのギャラ飲みに参加する女性の人数はだいたい4~5人くらいです。男性陣と同じ人数になることが多いですね。LINEのグループ500人の中から来ているので、女性同士でも初対面の場合がほとんど。それが男性陣にバレると冷められてしまうので、飲み屋に行く前に名前と年齢と職業だけ共有して、知り合いのフリをしたりしますね(笑)」

■バッグから次々と札束が......

――お小遣いは、どれぐらいもらえるのですか?

幸村: 「そのときによりますけど、1回2~3時間の飲み会で最低1万円です。本当にたまにですが、50万円くれる人とかもいるので振れ幅はすごく大きいですね。ギャラ飲みをする男の人は、みんな社長とかお金持ちの人ばかりです。だからたまに、女の子にお金を配ること自体が趣味みたいな人もいるんですよ。バッグから取り出した札束を、女の子が座るテーブルにドンドンって積み上げていった人もいました。一体バッグにどれくらい現金を入れてたんだろう? とてつもないお金持ちでしょうね(笑)。」

・ギャラ飲み女子たちの熾烈な参加権争い>>

幸村: 「よく「お持ち帰りされたりするの?」って聞かれますけど、私は初日でどうこうっていうことはないですね。お金をちらつかせてくる男の人もそんなにいなくて、その場を楽しく飲みたいっていう人ばかりです。キャバクラとかプロの女の子じゃなくて、素人の女の子とワイワイしたいって感じだと思います」

――ギャラ飲みの参加条件はありますか?

幸村: 「基本的にはどんな女の子でもギャラ飲みに参加することはできます。でも、アプリで加工したりして、盛っていない写メを要求されたり、たまに「巨乳限定」とか条件がついたりもします(笑)。男性側からの要望もありますけど、幹事の女性側から審査されることもあります。あまりにも身なりに気を使ってない女の子を連れて行くと、男性側も喜ばないですし、それは仕方ない部分はありますよね。1度、写メと全然別人のものすごく大きな女の子が来て、微妙な空気になったことがありました(笑)」

■本当の目的はお小遣いではない

幸村: 「ギャラ飲みは週に2~3回は行っていますが、お金だけが目的なわけではないんです。実は今婚活中でして、ギャラ飲みは合コンと同じような気持ちで行っています。出会いもあって、お金ももらえるので一挙両得みたいな感じですね(笑)。ギャラ飲みを合コンとして捉えている人は少なくないと思いますよ。結婚までいったっていう人は聞いたことないですが、付き合ったり良い感じになったという話は聞きます。」

・ギャラ飲みグラドルが1日で稼いだ最高額>>

幸村: 「私もギャラ飲みで出会った人と、後日デートに行ったりしています。でも、付き合うまでに至った方はいないですね。結婚前提で付き合いたいので、慎重になっている部分もあるかもしれません。私は目的がハッキリしているので、ギャラ飲みが始まってすぐに「ねぇ、既婚者? 独身?」って確認するようにしています(笑)」

・4人の男性にグラドルが振られた理由>>

――理想の結婚相手の条件はありますか?

幸村: 「顔とか見た目は気にしません。重視しているのは、生活が安定しているかどうかですね。年収でいうと、最低2000万円です(笑)。高すぎるってよくツッコミを受けるんですけど、都内に一軒家を建てて車を持ってって考えると、1500万円じゃ足りなそうなんですよ。子供ができたときに苦労させたくないですし、お金のことを考えないで生活するのが理想です。こういう質問をされたとき、前は5000万円以上って答えていましたけど、さすがにそれは多すぎるかなと考え直しました(笑)」

・ギャラ飲みグラドルは会社経営者だった!>>

◆幸村 未鈴(ゆきむら・みすず)

1986年10月14日生まれ、東京都出身。TBS系ドラマ「コウノドリ」や、同じくTBS系ドラマ「ファイナルファンタジーXIV」に出演するなど、女優やアイドルとして活躍。読売ジャイアンツの大ファンで、自身の胸について「Giants(ジャイアンツ)のGカップ」と公言している。タレント活動の一方で、2018年6月にタレントのみみかと共同で、エンターテインメント事業を中心とした会社を設立した。
座右の銘は、「一期一会」。

(取材・文/沢野奈津夫@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ