ここから本文です

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「後妻業」が、1月22日よりスタート(毎週火曜21時~)。1月16日に行われた同ドラマの記者会見で、主演の木村佳乃と木村多江は、壮絶な"ビンタ合戦"の撮影を振り返った。

サムネイル

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「後妻業」が、1月22日よりスタート(毎週火曜21時~)


【無料配信】「後妻業」各話テレビ放送終了時に見逃し配信>>

"後妻業"とは、資産家の老人を狙った遺産相続目当ての結婚詐欺のこと。"オトコをたぶらかす天才"武内小夜子(木村佳乃)は、大阪の結婚相談所の社長である柏木亨(高橋克典)と手を組んで、資産家の老人・中瀬耕造(泉谷しげる)の遺産を狙う。一方、耕造の娘・朋美(木村多江)は、知人の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)の力を借りて、父の遺産を守るために立ち上がる。ドラマ「後妻業」は、小夜子&柏木と朋美&本多の壮絶なバトルを軸にさまざまな欲望や思惑がうごめく痛快サスペンスだ。

木村佳乃は、真っ赤なコートにゴージャスなファーを首に巻きつけ、ヒョウ柄のスカートという役柄通りのコテコテの大阪ファッションで会見に登場。「派手ですみません」という第一声で、集まった記者たちを笑わせた。「大変な役が来たと本当に悩んだ」としながらも、「今では小夜子が大好きです」と笑顔を見せた。

小夜子と敵対する朋美を演じる木村多江は、今回の役を「脱・薄幸感」と評した。これまで大人しい役柄を演じることが多かった木村多江は、大声で怒鳴ったり、変顔を繰り出す朋美役を新鮮に感じているらしい。とくに小夜子と朋美が取っ組み合いのケンカやビンタ合戦を行うシーンは、「翌日は廃人。何も手につかないくらい疲れてしまう」そう。木村佳乃も「起きたら全身筋肉痛」と撮影の裏側を明かした。

近年ヒューマンドラマなどで善人役を演じることが多い高橋克典は、「今回は悪です」と一言。「(悪役から善人役へ)スイッチしていこうと思ったのに」と嘆いてみせた。本多役の伊原剛志は、登場人物たちの関西弁に触れて、「悪いことやってるのにコミカルに見えたりする。関西弁の面白みが出ている」とコメントした。また、小夜子に狙われた耕造役を演じた泉谷しげるは、白髪の老人の特殊メイク姿で登場し、「ひでー現場」とバッサリ。「俺はまだOKしてない。オンエアでは俺はいないかもしれない」と過酷な撮影にクレームをつけて笑いを誘った。

映像配信サービス「GYAO!」では、「後妻業」の各話テレビ放送終了時に無料見逃し配信を実施する。また、物語をつなぐ特別ドラマであるチェインストーリーも独占配信する(毎週火曜21時54分より配信開始)。

【無料配信】「後妻業」各話テレビ放送終了時に見逃し配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ