ここから本文です

『映画刀剣乱舞』(1月18日より公開中)に出演している鈴木拡樹と荒牧慶彦が、お互いの印象について語った。鈴木は、「端正な顔」と荒牧の容姿を称賛して、荒牧を照れさせた。

サムネイル

鈴木拡樹と荒牧慶彦、出演映画『映画刀剣乱舞』(1月18日より公開中)


【無料配信】鈴木拡樹と荒牧慶彦の動画インタビュー「8ピ」>>

公開中の『映画刀剣乱舞』は、大人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とした実写映画化。三日月宗近役を演じる鈴木と山姥切国広役を演じる荒牧が、同映画をアピールするため、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のインタビュー映像「8ピ」に登場した。制限時間はたった"8秒"という一問一答に挑戦して、「作品の見どころは?」や「撮影で一番苦労したことは?」、「登場キャラで自分が一番好きなのは?」といった質問に答えた。

鈴木によると、撮影現場では、「ドローンが大ヒットしちゃう」ハプニングもあったらしい。「(ドローンが)ヒットしたぶんを取り返せるように映画がんばります!」と茶目っ気たっぷりに語った。また、「共演した荒牧慶彦さんってどんな人?」という質問には、「見ていただいたら、わかるでしょう。この端正な顔。それだけで十分です」と回答。荒牧は照れ笑いを浮かべていた。一方の荒牧は、「共演した鈴木拡樹さんってどんな人?」という質問に「仏です。後ろに後光がさしているでしょう?」と答えた。2人の仲睦まじい様子が楽しめるインタビュー映像となっている。

『映画刀剣乱舞』は、1月18日より全国公開。"本能寺の変"で燃える寺から信長を逃がして歴史を変える、そんな時間遡(そ)行軍の計画は、刀剣男士たちの活躍により打ち砕かれた。ところが、無事任務を終えて帰還した彼らに届いた「織田信長生存」の一報。本来の歴史に戻すため、刀剣男士たちは織田信長暗殺を目的に再び過去へと出陣するのだった。どうやって信長は生き延びていたのか、怪しい動きをする影、そして立て続けに歴史介入をしてくる時間遡(そ)行軍。彼らの本当の狙いに気付いた三日月宗近は――。正しい歴史とは何か。"守るべきもの"を守る戦いが、今始まる!
出演は、鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村 諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀。

【無料配信】鈴木拡樹と荒牧慶彦の動画インタビュー「8ピ」>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ