ここから本文です

"ぼくりり"こと現役大学生アーティストの"ぼくのりりっくのぼうよみ"が、1月18日放送のTBS系「有吉ジャポン」でバラエティ初出演を果たした。1月末をもって引退することを宣言した真意を明かしている。

サムネイル

イメージ画像 ライブイメージ


【無料配信】「有吉ジャポン」最新話を配信中>>

ぼくりりは、バラエティ初出演を決めた理由について、「バラエティは怖いので、いいかなと(思っていた)。でも最近は"怖いこと"をしようとめっちゃ思っている」と説明した。番組では、デビュー秘話などでトークを繰り広げた。

「自分の人生をゲームのように考えている」というぼくりりは、引退について、「このゲームは完結しようかなって。マリオブラザーズの最終面、ぼくのりりっくのぼうよみ最後、みたいな」と語った。「自分があまりにも"ぼくりり"になりすぎたんですよね。掲げている看板と自分自身が一体化して、「ぼくりりは、こうしなきゃいけない」みたいなのがすごく多くて、それは面白くないなと(思った)」と告白した。

ぼくりりは、「急に辞めたくなったりしませんか? 電車を待っているときとかに「このまま会社行くの嫌だな」「学校行くの嫌だな」とか。みんなやりたいけどやれないから、代わりに(自分が)やろうかな」と引退に対する考えを述べた。番組MCを務めるお笑いタレント・有吉弘行の「次やりたいことは?」という質問にも答えている。

【無料配信】「有吉ジャポン」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ