ここから本文です

今年2月に乃木坂46を卒業する西野七瀬が、1月21日よりスタートしたテレビ東京系ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」に銀行員役で出演している。西野にとって、同ドラマは卒業後初めてレギュラー出演する連続ドラマにあたる。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】乃木坂46卒業後 初! 西野七瀬が出演「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」最新話を配信中>>

「よつば銀行」は、トラブルメーカーとうわさされる銀行員・原島浩美(真木よう子)が、大胆な発想と行動力で、業績不振のダメ支店を立て直していくお仕事ドラマ。1993年~1997年に漫画雑誌『モーニング』(講談社)で連載されていた漫画『この女に賭けろ』(原作:周良貨、作画:夢野一子)を原作としている。

西野が演じるのは、業績不振の「よつば銀行」台東支店で窓口係を務める松田葉子役。西野は番組公式サイトにて、「卒業してからどうなるんだろと思っていたときに、1月期のこのドラマのお話をいただき、すごいホッとしましたし、うれしかったです(笑)」とコメントしている。

銀行員の制服に身を包んだ西野の姿はファンからも好評で、Twitter上では、「西野さんに対応されたい」「制服姿たまらん」「かわいすぎてニヤニヤが止まりません」といった称賛の声が相次いでいる。第1話での出演シーンはそれほど長くなかったが、今後ドラマの中で、「出世欲がなく、何事にも斜に構えて、熱く盛り上がるのが苦手」というキャラクターの葉子にもスポットが当たるのか? ファンから期待が寄せられている。

なお、1月28日放送の第2話では、10億円を融資した会社が経営危機に陥る。銀行上層部の陰謀が動き出す中、浩美は奇策に打って出る。

【無料配信】乃木坂46卒業後 初! 西野七瀬が出演「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ