ここから本文です

楽器を持たないパンクバンド・BiSHが、ギャルファッションに挑戦。ギャルに偏見を持っていたセントチヒロ・チッチも考えを改めたようだ。

サムネイル

楽器を持たないパンクバンド・BiSHがギャルに! 現役eggモデルも太鼓判


【無料配信】バラエティ番組「BiSHのキレッキレJAPAN」>>

映像配信サービス「GYAO!」などで配信中のBiSHの初冠番組「BiSHのキレッキレJAPAN」(毎週月曜配信)は、BiSHが時代の最先端を行く"キレッキレ"の場所、人、モノを体を張って徹底取材する。第7回ではブーム再熱中のギャル文化を、ハシヤスメ・アツコ、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、リンリンの4人が体験した。

ギャルの聖地である渋谷109で4人は、現役eggモデルの綺麗、ぴと、ももの3人と合流。「肌を出して露出」「原色を取り入れる」というアドバイスを受け、バレンタインデートをテーマにした「1万円でギャルコーデ対決」に挑戦した。4人は、ハシヤスメ&チッチ組とモモコ&リンリン組に分かれた。

黒いタイトスカートと網タイツを合わせたチッチのギャルファッションは、eggモデルたちも「ギャルギャルしい」「普段から着てそう」と太鼓判を押した。また、リンリンのヒョウ柄のジャケットとヒョウ柄のタイトスカートという大胆なコーディネートも評判は上々だった。

その後、チッチとリンリンは服装だけでなく、ギャルメイクにも挑戦。企画前はギャルに対して、「気に入らないことがあったら怒られそう」と偏見を持っていたチッチだったが、メイクを施してくれたももについては、「キュンとしちゃった」と語り、ギャルを好きになったようだった。

※ヤフーオリジナル「BiSHのキレッキレJAPAN」はYahoo! JAPANアプリ、Yahoo! JAPANトップページでも無料配信される。

【無料配信】バラエティ番組「BiSHのキレッキレJAPAN」>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ