ここから本文です

2次元のアニメーションパートと3次元の実写ドラマパートが交錯する異色のハイブリッドアニメ「超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』」が、1月10日よりTOKYO MXほかで放送中。橋本祥平、財木琢磨、染谷俊之ら人気2.5次元俳優も出演している。

サムネイル

(C)Dimensionハイスクール製作委員会


【無料配信】「超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』」第1話・最新話を配信中>>

独占配信【スペシャル座談会】超次元革命アニメ「Dimensionハイスクール」撮影現場からお届け>>

次元高校に通う白山純平は、校庭で石を拾う。緑ヶ丘流星、黄川田 剛、水上ゆりおと、教師・桃谷総司が行う補習を受けていると、拾った石が動き出して、「君たちこそ予言の勇者だ! 破壊の魔神を退治してほしい」としゃべりだした。事態についていけない5人が目を覚ますと、そこはアニメの世界だった――!

「超次元革命アニメ」をタイトルに冠する通り、本作は、2次元のアニメーションパートと3次元の実写ドラマパートを行き来しながらストーリーが展開していく。メインキャラクター5人を演じるのは、石井孝英(「美男高校地球防衛部HAPPY KISS!」和倉七緒役)、大塚剛央(「風が強く吹いている」蔵原走役)たちフレッシュな若手男性声優と、2.5次元舞台に多数出演する人気俳優の橋本祥平(舞台「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」一条シン役)、財木琢磨(ミュージカル「テニスの王子様」手塚国光役)、染谷俊之(舞台「刀剣乱舞」鶴丸国永役)たち。さらに物語を見守る"次元の使者"なる役を、声優のみならずアーティスト、俳優としても活躍中の蒼井翔太が演じる。
アニメーションパートでは最新のモーションキャプチャー・システムを採用しており、キャスト本人がボイスだけでなくモーションアクターも担当している。声優たちは"動き"をどう演じるのか、俳優たちは"声"をどう演じるのか。声優×2.5次元俳優が織りなす、芝居の化学反応にも注目したい。

なお、映像配信サービス「GYAO!」では、キャストたちによるスペシャル座談会を限定配信中。毎週木曜更新の全12本で、撮影現場だから聞けたマル秘トークなどが繰り広げられる。

【無料配信】「超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』」第1話・最新話を配信中>>

独占配信【スペシャル座談会】超次元革命アニメ「Dimensionハイスクール」撮影現場からお届け>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ