ここから本文です

フジテレビ系ドラマ「後妻業」が、1月22日よりスタートした(毎週火曜21時より放送)。木村佳乃が、金持ちの老人の遺産を狙う"オトコをたぶらかす天才"役で主演を務めている。

サムネイル

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「後妻業」が、1月22日よりスタート(毎週火曜21時~)


・【無料配信】「後妻業」(毎週火曜21時より放送)各話テレビ放送終了直後から>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

タイトルにもなっている"後妻業"とは、遺産相続目当てで資産家の老人を狙った結婚詐欺のこと。結婚相談所を経営する柏木亨(高橋克典)と、彼が裏で営む後妻業のエース・武内小夜子(木村佳乃)のペアと、小夜子に狙われた資産家の娘である中瀬朋美(木村多江)と、彼女の知人である私立探偵・本多芳則(伊原剛志)のペアが、大阪を舞台に壮絶なバトルを繰り広げる。原作は、黒川博行による同名小説。

東京出身の木村佳乃が、大阪弁で威勢よく話す小夜子役に挑戦した。ヒョウ柄やショッキングピンクといったコテコテの大阪ファッションに身を包む小夜子の姿を見て、木村佳乃が演じているとは一瞬わからなかった視聴者もいたのではないだろうか。

「後妻業」は、あらすじだけ聞くと、泥沼を描いた作品に感じられるかもしれない。しかし、ストーリーこそドロドロだが、コメディ色はかなり強め。とくに病院内での小夜子と朋美のまるで漫才のようなやり取りには、Twitter上でも「笑った」という声が続出。ペロッと舌を出してみせる小夜子の変顔が印象に残った視聴者も多かったようだ。

木村佳乃は記者会見で、木村多江と"ビンタ合戦"を繰り広げる撮影もあったことをアピールしており、遺産をめぐる争いはさらに激しく、さらに笑える(!?)展開になっていく様子。果たして壮絶バトルを制するのは、小夜子&柏木ペアか? それとも朋美&本多か?

なお、1月29日放送の第2話で、小夜子は、後妻に入った中瀬耕造(泉谷しげる)になかば強引に口座解約の意思表示をさせる。金を手にした小夜子と柏木にとって、もはや耕造には何の価値もない。小夜子は耕造を始末しようと考える――。

また、映像配信サービス「GYAO!」では、「後妻業」の各話テレビ放送終了時に無料見逃し配信を実施中。物語をつなぐ特別ドラマであるチェインストーリーも独占配信する(毎週火曜21時54分より配信開始)。

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

・【無料配信】「後妻業」(毎週火曜21時より放送)各話テレビ放送終了直後から>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ