ここから本文です

山田裕貴が、日本テレビ系ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話に強盗致傷の容疑で逮捕された青年役でゲスト出演した。深い親子愛を感じさせるシーンに、思わず涙した視聴者も多かったようだ。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】「イノセンス 冤罪弁護士」最新話を配信中>>

「イノセンス」毎週土曜22時より放送は、不可能に近いとされる"冤罪(えんざい)弁護"に積極的に挑む弁護士の黒川拓(坂口健太郎)が、科学者やジャーナリストたちの協力を得て冤罪(えんざい)を晴らすヒューマン・リーガル・エンターテインメント。1月26日放送の第2話では、コンビニで現金を奪い店員にケガを負わせた強盗致傷の容疑で逮捕された十勝岳雄(山田裕貴)の弁護依頼を引き受けた。

岳雄は、弁護を担当する拓たちにも反抗的な態度をとった。とくに新人弁護士の和倉楓(川口春奈)には、「ムカつくから二度と来るな、クソ女!」と声を荒げて、面会後に楓は、「あれ絶対やってますよ!」「怒りっぽいし、態度も悪い」とすっかり気を悪くした様子だった。岳雄が過去にグレていたことや、家庭環境などで警察側の心象も悪い。はたして事件の真相とは......?

岳雄の母である睦美(仙道敦子)は、料理人になるため更生したはずの息子の無実を信じ続けた。第2話の白眉は、帰ってきた岳雄に、睦美がオムライスを振る舞うシーンだろう。山田の熱演に対して、Twitter上では、「泣いた」という感想が続出。山田は、「世界にこんなことがなければいいなと苦しむ人がいなくなればいいなと役を生きて思いました」とツイートしていたが、その思いはしっかり視聴者に届いたようだ。

なお、2月2日放送の第3話では、医療ミスの責任を問われて逮捕された執刀医・雲仙(平 岳大)の弁護を担当する。調査を進めるうちに、病院側が雲仙個人に責任を押し付けて事態を終息させようと工作していたことが判明する。

【無料配信】「イノセンス 冤罪弁護士」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW) 

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ