ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の第4話が、1月27日に放送された。菅田将暉と片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が演じた激しい殴り合いのシーンが話題になっている。

サムネイル

菅田将暉/attends the stage greeting of the movie "Chokolietta" at TOHO CINEMAS in Roppongi on October 29, 2014, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「3年A組―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

「3年A組」(毎週日曜22時30分より放送)は、魁皇高校3年A組の生徒の死をめぐる物語。卒業式を10日後に控えた魁皇高校3年A組、教卓に立った担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)は、29人の生徒たちに「今から皆さんには、人質になってもらいます」と衝撃的な一言を言い放った――。

第4話では、澪奈(上白石萌歌)の死の真相の鍵と思われるフェイク動画の撮影を指示していたのが、不良の甲斐(片寄涼太)だったことが判明する。一颯は甲斐の後ろにさらなる黒幕が存在することを疑うが、甲斐は認めない。すると一颯は、甲斐が真実を明らかにしなければ次は10人の生徒が犠牲になると告げるのだった。

第4話後半、甲斐は、「俺が勝ったら、みんなを開放しろ」と一颯に戦いを挑んだ。菅田も片寄も芸能界の第一線を走っているだけに、万一撮影でケガを負ったとなったら、その影響は大変なものになるだろう。しかし、2人はそんな心配はまったく気にしていないかのように、激しいぶつかり合いを演じた。壮絶な殴り合いシーンに、Twitter上では「すごい迫力」「呼吸忘れちゃう」「熱すぎ」といった称賛の声があがった。

なお、2月3日放送の第5話で、物語は第1部のクライマックスを迎える。一颯が倒れたことにより、生徒たちは手分けして脱出方法を探し回る。そんな中、殺されたはずの生徒たちが生きた状態で発見されるが、彼らは、「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」と訴える。

【無料配信】「3年A組―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ