ここから本文です

声優で歌手の田所あずさが、1月23日にリリースした8枚目シングル『リトルソルジャー』について語った。「ノンストレス」をテーマに生まれた楽曲だが、音楽的には挑戦的な要素もあると指摘されている。

サムネイル

声優・田所あずさ、新曲『リトルソルジャー』の裏話明かす「テーマは"ノンストレス"ですが......」


田所あずさ(GYAO! リスアニタイム Vol.17)前編>>

『アイカツ!』霧矢あおい役などで知られる田所は、2014年7月にデビューアルバム『Beyond Myself!』をリリースして歌手活動も行っている。新曲『リトルソルジャー』は、放送中のアニメ『転生したらスライムだった件』(以下、『転スラ』)のエンディングテーマにも起用された。

田所が、映像配信サービス「GYAO!」にて配信中の音楽トーク番組「GYAO! リスアニタイム」にゲスト出演して、『リトルソルジャー』について語った。『転スラ』の世界観を踏まえて生まれた楽曲だとして、「"ノンストレス"をイメージした、疾走感のある爽やかな楽曲」と新曲をアピールした。「ノンストレス」というコンセプトを聞いて、番組MCを務めるミュージシャンでラジオパーソナリティの青木佑磨は、「たしかに変なトリッキーさはないですよね。自然になじんでくる感じ」と納得。その上で、「よくよく解剖していくと、すごく変な曲ですよね。そもそもBメロから始まっているし」と音楽的な特徴について指摘した。

田所自身はBメロから始まる珍しい構成を意識していたわけではないようだが、『リトルソルジャー』は、歌う側からすると苦労の多い曲らしい。「テーマはノンストレスですが、レコーディング自体はめちゃめちゃ大変でした。歌っている人は、まったくノンストレスではなくて、必死さを隠して......」と苦笑い。メロディに対して詰まっている歌詞の文字数が多いとして、「息継ぎが大変」と裏話を明かした。

田所あずさ(GYAO! リスアニタイム Vol.17)前編>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ