ここから本文です

TBS系ドラマ「グッドワイフ」の第3話が、1月27日に放送された。俳優の小泉孝太郎が、主役を務める常盤貴子をハグしたシーンが、「かっこよすぎる」と話題になっている。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


【無料配信】「グッドワイフ」最新話を配信中>>

「グッドワイフ」(毎週日曜21時より放送)は、アメリカの大ヒットドラマが原作。専業主婦だった蓮見杏子(常盤貴子)は、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕されたことをきっかけに、子供たちを守るため16年ぶりに弁護士として復帰する――。第3話では、杏子、多田(小泉孝太郎)、朝飛(北村匠海)の3人が、脱線事故で亡くなった運転士の遺族代理人を務めた。

杏子たちは過重労働による事故として1億円の賠償金を提案するが、相手の東神鉄道の代理人を務める河合映美(江口のりこ)は、居眠り運転だとして50万円の見舞金を提案した。双方の主張が真っ向からぶつかっただけでなく、妊婦である河合は、不利になると体調不良を理由に交渉を中断。杏子たちは次第に追い込まれていった。しかし、多田が過重労働を証明するために勤務実態を調べていくと......。

どんでん返しも見どころだった第3話。ラストで衝撃の事実を知った杏子は、悔し涙を流し泣き崩れそうになる。すべてを察した同僚の多田は、そっと抱きしめ、あまりにも優しい一言をかけた。ネット上では、「小泉孝太郎かっこよすぎるだろ」「すてきすぎて鳥肌立った」「杏子がうらやましすぎる」「あんな同僚がほしい」「メガネにパーカー姿がまたやばい」と称賛の声が上がっていた。

【無料配信】「グッドワイフ」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ