ここから本文です

SKE48の須田亜香里と高柳明音が、銭湯で入浴しながら「アイドルをいつまで続けるか?」について語り合った。現在27歳の2人は、これほど長くアイドルでいるつもりはなかったと明かしている。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


SKE48須田&高柳が入浴しながらトーク「SKE48がひとっ風呂浴びさせて頂きます!」>>

テレビ東京系「SKE48がひとっ風呂浴びさせて頂きます!」は、SKE48メンバーが消えゆく銭湯文化を盛り上げるバラエティ。2月5日放送回では、東京・荒川区にある齋藤湯に須田亜香里と高柳明音が訪れた。同番組恒例となっている浴場の掃除で汗をかいた2人は、"美人の湯"と呼ばれる乳白色の露天風呂で入浴を楽しんだ。

リラックスした2人の話題は、いつのまにやら「アイドルをいつまで続けるか?」へ。昨年11月に27歳になった高柳が「アイドルは20歳くらいまでって、ざっくりしたイメージがあった」と語ると、同い年の須田も「私もそんな感じだったな」と同意。須田が、「目の前にある目標をもうちょっとやったら、(夢は)叶(かな)うかもって」と現在まで活動を続けてきた理由を明かすと、高柳も「目の前に(目標が)あると諦められないよね!」と共感を示した。

SKE48須田&高柳が入浴しながらトーク「SKE48がひとっ風呂浴びさせて頂きます!」>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ