ここから本文です

TBS退社を発表した宇垣美里アナウンサーが、発表前に出演番組で、フリー転身について言及していたことがわかった。入社当時から「フリーにならないか」と声をかけられていたことを明かしている。

サムネイル

イメージ画像(ペイレスイメージズ/アフロ)


【無料配信】「有田哲平の夢なら醒めないで」最新話を配信中>>

宇垣アナは、2月5日のTBSラジオ「アフター6ジャンクション」でTBS退社を発表した。同日深夜に放送されたTBS系バラエティ「有田哲平の夢なら醒めないで」は、「アフター6ジャンクション」より前に収録が行われたものだが、番組内で宇垣アナがフリー転身について語っていた。

番組アシスタントを務めるフリーアナウンサーの大橋未歩から「ここまで人気があると「フリーにならない?」言われたりしないですか?」とたずねられた宇垣アナは、「入社した当初から言われていたので、1年に何回言われたか数えるようにしている。「1年で100回以上言われたら辞ーめよ」っていつもカウントしています」と笑顔で答えた。

宇垣アナの衝撃発言にスタジオからは「えぇ~!」と悲鳴が上がり、共演者も驚きの表情を浮かべた。お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が「本当に思うのは、マジで辞めたらいいのに」と勧めると、宇垣アナは「本当ですか......? 結構TBSのこと好きなんですけど」と目をうるませていた。しかし、この収録が行われた数日後、宇垣アナは、「アフター6ジャンクション」でTBS退社を発表したのだった。

同番組では他にも、宇垣アナの独特のストレス発症法が明かされた。有田からは「今すぐアナウンサー辞めたほうがいい!」とツッコミを入れられていた。

【無料配信】「有田哲平の夢なら醒めないで」最新話を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ