ここから本文です

Apple社製品同士でデータを共有できるサービス「AirDrop(エアドロップ)」。連絡先を交換せずに利用できる同サービスを使った"AirDrop痴漢"の被害を、タレントのほのかが告白した。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


ほのか、AirDrop痴漢被害を告白......「下半身の写真が送られてきた」>>

2月7日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に、ほのかが出演。番組冒頭からほのかは、「今日ビックリすることがあったんですよ。朝、電車の中でAirDrop痴漢にあいました」と痴漢被害を告白した。続けて、「男性の下半身のめちゃめちゃ元気な写真が送られてきました」と内容を説明し、スタジオの共演者からは悲鳴が上がった。

ほのかは、「周りを見たんですけど、犯人は全然わからなくて。だから急いで怖い画像探して、送りつけてやろうと思ったんですけど......」と仕返しをしようしていたことを明かし、スタジオの笑いを誘っていた。なお、AirDropの共有設定を「連絡先のみ」または、「受信しない」に変更することでAirDrop痴漢の被害を未然に防ぐことができる。

同番組では他にも、お色気ユニット・キングラビッツのメンバーが驚愕(がく)の給料事情を告白した。なんと、正式なギャラ以外にチップで札束をもらうこともあるとか。また、夜の生活についても赤裸々に語っている。

ほのか、AirDrop痴漢被害を告白......「下半身の写真が送られてきた」>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ