ここから本文です

元乃木坂46で女優の深川麻衣が主演を務めるテレビ東京系ドラマ「日本ボロ宿紀行」の第3話が、2月8日に放送された。篠宮春子(深川麻衣)が幽霊に怯(おび)えながら入浴するシーンが話題になっている。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


元乃木坂46・深川麻衣の入浴シーン「日本ボロ宿紀行」配信中>>

原案は、上明戸聡による旅レポート『日本ボロ宿紀行』(鉄人社)。父親が急死したことにより芸能事務所を引き継ぐことになった27歳の篠宮春子と、48歳の一発屋ポップス歌手・桜庭龍二(高橋和也)が、各地の"ボロ宿"に泊まる物語だ。大量に余ったCDを売り切るために2人はスーツケース1つで地方営業の旅に出る。

第3話で春子と龍二と訪れた"ボロ宿"は、群馬県吾妻郡嬬恋村に実在する「湯の花旅館」だ。文句を言う龍二をよそにボロ宿好きの春子はご機嫌。しかし、ロビーにいた先客が『本当に"出る"旅館』というタイトルの本を手にしているのを見つけてしまい......。幽霊に怯(おび)えた春子は、1人での入浴を嫌がり、龍二を名物・サルノコシカケ風呂に誘った。面倒くさがる龍二に、春子は、自分と壁越しにしりとりを続けるように言いつけた。

怯(おび)えた表情で湯から顔を出し、鎖骨をチラ見せして一生懸命しりとりをする深川の姿にネット上では、「くそかわいい」「いくらでもしりとり付き合ってあげたい」「こんなの鼻血ものですよ」「相手の返し待ってる顔たまらない」と歓喜の声が上がっていた。また、絶叫シーンに対して、「なかなか緊迫感があった」「麻衣ちゃんホラーいけるじゃん!」「映画主演期待!」といった声も上がっていた。

2月15日放送の第4話では、レトロな物がたくさん展示されている不思議なボロ宿を訪ねる。そこに、龍二の元カノ(?)が現れる。

元乃木坂46・深川麻衣の入浴シーン「日本ボロ宿紀行」配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ