ここから本文です

フジテレビ系ドラマ「後妻業」(毎週火曜21時より放送)の第4話が、2月12日に放送された。女優の木村佳乃と木村多江が、俳優の佐藤蛾次郎に胸を揉(も)まれるシーンが話題になっている。

サムネイル

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「後妻業」が、1月22日よりスタート(毎週火曜21時~)


・木村佳乃と木村多江の胸をわしづかみ......体当たり演技に「ただただうらやましい」の声/「後妻業」第4話>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

タイトルにもなっている"後妻業"とは、遺産相続目当てで資産家の老人を狙った結婚詐欺のこと。結婚相談所を経営する柏木亨(高橋克典)と、彼が裏で営む後妻業のエース・武内小夜子のペアと、小夜子に狙われた資産家・耕造(泉谷しげる)の娘である中瀬朋美(木村多江)と、彼女の知人である私立探偵・本多芳則(伊原剛志)のペアが、大阪を舞台に壮絶なバトルを繰り広げる。原作は、黒川博行による同名小説。

第4話で小夜子は、耕造に続くターゲットとして選んだ富樫幹夫(佐藤蛾次郎)に遺言公正証書にサインをさせようと画策。しかし、富樫が認知症を患っているせいで、なかなか思い通りに計画が進まない。そのころ本多は、富樫が小夜子の新しいターゲットになったことを突き止め、後妻業の片棒を担いでいる司法書士・新井欽司(河本準一)に接触する。さらに朋美も富樫に会いに行って、小夜子は詐欺師だと伝えるが、そこに小夜子が現れ......。

ついに小夜子と朋美が直接対決した。富樫の前で対面した2人は本音をぶちまけ、次第に取っ組み合いのケンカへ発展。そこへ富樫が止めようと割り込んだのだが、なんと2人の胸をわしづかみにしたのだった。そして、「こっち(小夜子)のおっぱいの勝ちー!」とうれしそうに小夜子の腕をつかんだのだった。これによって争いはさらに激化し、ビンタの応酬、終いには大外刈りまで飛び出す大乱闘となった。

ネット上では、「ちょっとまって! がっつりいってないか?」「蛾次郎さん役得すぎる......」「ただただうらやましい」と佐藤蛾次郎をうらやむ声も。また、「佳乃さんも多江さんおっぱいオッケーなのか」「2人とも体張ってるなー」「いろんな意味ですごいわ」など女優2人の体当たり演技を称賛する声も上がっていた。

動画配信サービス「GYAO!」では、「後妻業」の各話テレビ放送終了時に無料見逃し配信を実施中。物語をつなぐ特別ドラマであるチェインストーリーも独占配信中(毎週火曜21時54分より配信開始)。第4.5話では、小夜子のマンションに転がり込んできた弟・博司(葉山奨之)が"ひろし流たこやき"を料理番組風に作り上げる。

・木村佳乃と木村多江の胸をわしづかみ......体当たり演技に「ただただうらやましい」の声/「後妻業」第4話>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ