ここから本文です

「とっとこハム太郎」春名ヒロ子役や「ケロロ軍曹」西澤桃華役などで知られる声優の池澤春菜が、声優界の厳しさについて明かした。マネージャーに自分の存在をアピールするため、事務所の廊下で"雑用待ち"を行うこともあるらしい。

サムネイル

イメージ画像 Live music background.Vintage microphone and public(写真:アフロ)


【無料配信】生き残りをかけた、声優"戦国時代"の厳しさ「有田哲平の夢なら醒めないで」を配信中>>

2月12日放送のTBS系バラエティ「有田哲平の夢なら醒めないで」に、池澤春菜、尾崎由香、桐谷蝶々、小林星蘭、七緒はるひたち声優5人が出演。「生き残りをかけた戦国時代!人気声優の悩みSP」として、それぞれの本音を語った。

声優歴24年の池澤だが、役を獲得するために現在でもオーディションに参加しているという。声優の世界ではどんなベテランもオーディションに参加するのは当たり前のことで、指名で仕事がくることはあまりないと説明した。大きな事務所の場合は、オーディションに参加するための"事務所内オーディション"まで行われる。池澤は、「若い声優たちはマネージャーに覚えてもらうために、1日中、事務所の廊下の壁際に立っていて、"何か買ってくる"とか"コピーを取る"とか、そういうときのために待機をしていらっしゃる」と雑用待ちをして自分の存在をアピールする声優もいることを明かした。

また、池澤は、若くして人気を獲得した"アイドル声優"の存在にも手を焼いているそう。厳しい声優業界でもアイドル声優たちの楽屋は女子会のような雰囲気だとして、池澤は「雰囲気を壊してはいけないので、注意できない」と苦労を語った。

1度だけ監督の指示を聞かないアイドル声優に軽く注意したことがあるそうだが、池澤は「「池澤さんにいじめられた!」と言って泣きながらスタジオを出て行って......」と明かした。番組MCのお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平も「怖い世界......」と驚きを隠せない様子だった。

他にも同番組では、TBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などに出演して"天才子役"と呼ばれ、現在は声優として活動する小林星蘭のイベントに密着。成長した姿に、驚きの声が上がっている。

【無料配信】生き残りをかけた、声優"戦国時代"の厳しさ「有田哲平の夢なら醒めないで」を配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ