ここから本文です

トリンドル玲奈が大胆なベッドシーンに挑戦して話題になっているテレビ朝日系ドラマ「パーフェクトクライム」の第4話では、女優の伊藤ゆみ(旧芸名・ICONIQ)も俳優の桜田通を相手に下着1枚でベッドシーンを演じた。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


伊藤ゆみ(旧芸名・ICONIQ)が下着1枚で大胆ベッドシーン「パーフェクトクライム」を配信中>>

「パーフェクトクライム」(ABCテレビでは毎週日曜23時35分より放送、テレビ朝日では毎週土曜深夜2時30分より放送)は、電子コミックで700万ダウンロードを突破した大人気コミック『Perfect Crime パーフェクトクライム』(作画:月島綾、原作:梨里緒)が原作。上司である冬木(眞島秀和)との不倫に溺れるインテリアプランナーの前島香織(トリンドル玲奈)の前に、ニューヨーク支社から転勤してきた若き敏腕デザイナーの東雲遥斗(桜田通)が現れる――。

同ドラマは、トリンドル玲奈がベッドシーンに挑んだことで注目されている。しかし、2月10日放送された第4話では、伊藤ゆみもトリンドルに負けず劣らず色気たっぷりなベッドシーンを披露した。伊藤が演じるのは、冬木の妻である美和役。しかも東雲の恋人でもあった過去が第4話で描かれた。

第4話の終盤、美和は黒い下着姿で東雲と濃厚なキスを交わした。濃厚なベッドシーンでも下品さを感じさせないのは、2人を演じる伊藤と桜田の清潔感によるものか......。美しいベッドシーンが話題になっているが、今回明かされた過去により、Twitter上では美和を「元凶」「諸悪の根源」と呼ぶ声も。登場人物たちの恋愛模様はさらに複雑さを増していき、一体どこに着地するのか想像もつかない。

次回第5話では、冬木を追って帰国した美和のことが忘れられず苦しんだ東雲の過去が明かされる。東雲はなぜ香織の前に現れたのか――?

伊藤ゆみ(旧芸名・ICONIQ)が下着1枚で大胆ベッドシーン「パーフェクトクライム」を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ