ここから本文です

『とある魔術の禁書目録』シリーズのインデックス役や『アイドルマスター XENOGLOSSIA』天海春香役などで知られる声優の井口裕香が、2月13日に「終わらない歌」と「おなじ空の下で」とシングルを2枚同時リリースした感想を明かした。

サムネイル

井口裕香(GYAO! リスアニタイム Vol.21)前編


井口裕香 出演「GYAO! リスアニタイム Vol.21」前編>>

井口は、動画配信サービス「GYAO!」にて配信中の音楽トーク番組「GYAO!リスアニタイム」に出演して、私生活や新曲について語った。井口は、シングル2枚同時リリースを「すごい! 景気のいい話です!」とアピール。番組MCを務めるミュージシャンでラジオパーソナリティの青木佑磨が「最近はめったにないですよ。GLAYやL'Arc~en~Cielまでさかのぼらないと」と相づちを打つと、井口は、「そうなんですよ! ベストアルバムならまだしもシングルで2枚同時って、私としても初めての試みなので、初めて話を聞いたときはびっくりしました。(それぞれの新曲は)全然違う作品ともタイアップしているので、ガラッと色を変えて、皆さんに楽しんでいただけたらと思いつつ制作しました」と語った。

「終わらない歌』」は、放送中のアニメ『とある魔術の禁書目録Ⅲ』の新エンディングテーマに起用されており、「おなじ空の下で」は、公開中の『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』主題歌に起用されている。それぞれのMVの撮影の舞台裏や、コンセプトなどについて語った。また、犬への愛も熱弁したが、青木からは「それはもうご病気です」とツッコまれていた。

井口裕香 出演「GYAO! リスアニタイム Vol.21」前編>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ