ここから本文です

デリヘルを舞台にしたテレビ東京系ドラマ「フルーツ宅配便」第6話では、デリヘル嬢のレモンにスポットが当てられた。元AKB48・北原里英が、内気なデリヘル嬢の恋を演じている。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


元AKB48・北原里英が"毎回チェンジされるデリヘル嬢"役「フルーツ宅配便」>>

「フルーツ宅配便」(毎週金曜深夜0時12分より放送)は、鈴木良雄による同名漫画を原作とした、デリヘル"フルーツ宅配便"が舞台の人間ドラマ。2月15日放送の第5話では、おどおどした態度のせいで毎回チェンジされてしまうレモンが、女性が苦手でうまく話せない客・関(黒田大輔)と恋に落ちた。

北原は昨年4月にグループを卒業してからは女優として活動中。「フルーツ宅配便」で演じているレモンは、眼鏡におさげ頭という地味なルックスで、コミュニケーションが苦手なキャラクター。背中を丸めてぼそぼそ話す姿は、アイドル時代の明るいキャラクターとは正反対だ。デリヘル嬢としては不人気なレモンだが、接客前に手のひらに「人」と書いて飲み込むのがなんともけなげでかわいらしい。そんな内気な彼女が恋を知って変化していく――。

番組公式Twitterアカウントが「#フルーツ宅配便 史上、一番のほっこりカップル誕生です!」とアピールする通り、第6話に心癒された視聴者は多いようだ。Twitter上では、「ほっこり感がたまんねぇ」「今週のレモンちゃん回めちゃくちゃ癒やされる...」「レモンちゃんの回、最高かよ」といった声があがっている。また、「良い女優さんだな!」「すっげえイイよきたりえ!」と北原の演技を称賛する声もあった。

2月22日放送の第7話では、フルーツ宅配便にぽっちゃり系のサクランボ(筧美和子)が入店。ぽっちゃり好きの吉田(村杉蝉之介)に指名されたサクランボは、相手が市議会議員だと知って、"ある行動"に出る。

元AKB48・北原里英が"毎回チェンジされるデリヘル嬢"役「フルーツ宅配便」>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ