ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の第7話が、2月17日に放送された。いよいよ物語の核心に迫る内容で、菅田将暉演じる柊一颯が武智大和(田辺誠一)と対峙(たいじ)した。

サムネイル

菅田将暉/attends the stage greeting of the movie "Chokolietta" at TOHO CINEMAS in Roppongi on October 29, 2014, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―スペシャルショートムービー」配信中>>

「3年A組」(毎週日曜22時30分より放送)は、魁皇高校3年A組の生徒・澪奈(上白石萌歌)の死をめぐる物語。卒業式を10日後に控えた魁皇高校3年A組、教卓に立った担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)は、29人の生徒たちに「今から皆さんには、人質になってもらいます」と衝撃的な一言を言い放った――。

第7話で一颯は、澪奈を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した犯人として、教師の武智を名指しにした。完全潔白を主張する武智だが、一颯は、夜8時までにすべての罪を自白することを要求。さもないと武智にとって"一番大事なもの"を奪うと言い渡した。

一颯がついに武智と直接対決。とぼける武智に対して、一颯はある証拠音声を突きつけた。あくまでシラを切る武智に、一颯は感情を爆発させる。それでも武智は、証拠がないのをいいことに、一颯を挑発するような振る舞いをする。だが、一颯には、秘策があった――。

2人の感情むき出しの熱演に、ネット上では「熱すぎるバトル!」「すごい緊張感だった」「演技の上手い役者さんの対決は、本当に見入っちゃう」と称賛の声が続出。一颯と武智の対決により、事件はぐっと真相に近づいた。まるでジェットコースターのような展開の「3年A組」の物語は、一体どんな決着を迎えるのか......。

2月24日放送の第8話では、いまだ解放されない生徒たちに対して、一颯はこれからが「本番」と突きつける。一方、武智の動画を見返していた瑠奈(森七菜)は、ある驚がくの事実に気付いてしまう――。

【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」最新話を配信中>>

【無料配信】「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―スペシャルショートムービー」配信中>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ